競馬好きな社会人の日記

競馬好きな社会人の日常をつづった日記です。

【スポンサーリンク】

第161回天皇賞春予想

【スポンサーリンク】

1-1 モズベッロ(牡4、池添謙一・森田直行)
2-2 エタリオウ(牡5、川田将雅友道康夫)
3-3 トーセンカンビーナ(牡4、藤岡康太角居勝彦)
3-4 ダンビュライト(セ6、松若風馬音無秀孝)
4-5 ミッキースワロー(牡6、横山典弘菊沢隆徳)
4-6 スティッフェリオ(牡6、北村友一音無秀孝)
5-7 ユーキャンスマイル(牡5、浜中俊友道康夫)
5-8 キセキ(牡6、武豊角居勝彦)
6-9 ミライヘノツバサ(牡7、木幡巧也・伊藤大士)
6-10 メロディーレーン(牝4、岩田望来・森田直行)
7-11 メイショウテンゲン(牡4、幸英明池添兼雄)
7-12 シルヴァンシャー(牡5、M.デムーロ池江泰寿)
8-13 ハッピーグリン(牡5、和田竜二森秀行)
8-14 フィエールマン(牡5、C.ルメール手塚貴久)

ヴィクトリアマイルの登録で使い分けなのかよくわからない事象が見受けられますがそれでもメンバーは揃っている。
天皇賞春が一番テンション下がりそうな感じなんですよね。
グローリヴェイズはドバイ中止で出てこれなくなり、
ダイヤモンドS見て距離あった方がいいと狙っていたオセアグレイトが回避、
阪神大賞典組で1番狙っていたムイトオブリガードも回避とくるとそうなります。

フルゲート割れしてますし、だったらフィエールマン軸で本命しかないかなと。
もちろんローテ的にどうなのかというのはあるんですけど、この馬はこういうローテじゃないとダメになるディープインパクトの牡馬なので仕方ないんでしょう。
有馬記念で見てもリスグラシューは例外としても他に掲示板載った組は恵まれた中この馬はほんとに強い競馬したと思いますし。
あと力関係的に今年の5歳世代ってここ10年だと2012年クラシック世代(ジェンティルドンナゴールドシップの世代)なみにG1勝ってるの見ると4歳とか6歳とはレベルが違うかなと。

対抗は諦めきれないのでエタリオウです。
去年の日経賞以降だらしないんですが、天皇賞春から京都大賞典までの3走は出遅れ含めて後ろ過ぎてダメ、
ジャパンカップは馬場悪すぎてダメ(明らかに馬場が悪いときにパフォーマンスよくない)、
有馬記念と今年の日経賞は先行したら前が速い流れに巻き込まれて差し決着。
一応負けた理由は説明がつくんですよね。で、パフォーマンスが悪くない京都長距離なら一変あるかと。
川田に変るのはどうかというのはありますけど、内枠も引いたし一変があるならここじゃないかと。
馬場がいいのはこの馬にとっていい方に転ぶ可能性は結構あるんじゃないでしょうか。

単穴は4歳馬の中で一番買いたいトーセンカンビーナ。キセキと一緒に出遅れる公算大だと見ますが。
阪神大賞典の走りは例年だと天皇賞春につながらないパターンですが、伸びしろ含めると面白いと思います。
時計勝負もこの馬は対応できそうですし。
ユーキャンスマイルは個人的にG1でも本命にした馬ですが、この血統は天皇賞春で来ない組み合わせなのでそれがどうかなと。
レインボーラインと似た戦跡ではありますけど、あの馬ほど菊花賞強くは感じなかったんですよね。

大穴はスティッフェリオですね。前走で新味がでましたし、オールカマーの後の3戦は反動が出たと見ていいと思います。
福島とか小倉で早い時計持ってますので、前目で穴馬ならこの馬かなと思います。

◎フィエールマン ○エタリオウ
▲トーセンカンビーナ ☆ユーキャンスマイル
△ミッキースワロー、スティッフェリオ、モズベッロ、キセキ
馬連◎から○▲、ワイド○▲、3連複◎○、◎▲2頭軸流し

明日は馬場の傾向が変っていないかは注意したいですね。