競馬好きな社会人の日記

競馬好きな社会人の日常をつづった日記です。

【スポンサーリンク】

第25回NHKマイルC予想

【スポンサーリンク】

1-1 シャチ(牡3、木幡育也・小桧山悟)
1-2 タイセイビジョン(牡3、石橋脩西村真幸)
2-3 レシステンシア(牝3、C.ルメール・松下武士)
2-4 プリンスリターン(牡3、原田和真・加用正)
3-5 シャインガーネット(牝3、田辺裕信・栗田徹)
3-6 ギルデッドミラー(牝3、福永祐一松永幹夫)
4-7 メイショウチタン(牡3、吉田豊本田優)
4-8 サクセッション(牡3、横山典弘国枝栄)
5-9 ラインベック(牡3、津村明秀友道康夫)
5-10 ハーモニーマゼラン(牡3、大野拓弥牧光二)
6-11 ラウダシオン(牡3、M.デムーロ・斉藤崇史)
6-12 ボンオムトゥック(牝3、田中勝春高橋亮)
7-13 ニシノストーム(牡3、江田照男杉浦宏昭)
7-14 ルフトシュトローム(牡3、D.レーン・堀宣行)
7-15 ソウルトレイン(牡3、藤井勘一郎・西村真幸)
8-16 ストーンリッジ(牡3、松田大作藤原英昭)
8-17 サトノインプレッサ(牡3、武豊矢作芳人)
8-18 ウイングレイテスト(牡3、横山武史・青木孝文)

NHKマイルCに関連する重賞として、ファルコンSアーリントンC、NZTと3つあるわけなんですけど、
今年って牝馬が全部連帯してるんですよね。
一応去年も3着、1着、2着ときてるんですが今年は1着、2着、2着で、2018年以前はこんな傾向ないわけです。
サトノインプレッサとギルテッドミラーが僅差でサトノが毎日杯で勝ったの見るとわたしは牝馬のレベルが高いんじゃなかろうか?と。
ただ、レシステンシアを年始にNHKマイルC勝つと予想したんですけど、ちょっとこの臨戦過程は桜花賞の馬場見ると怖いなと。
ということで私は別の牝馬を本命にしたいと思います。

牡馬相手でもやれることが担保されてるということでギルテッドミラーを狙ってみたいなと。
本来チューリップ賞出てきても本命にしようとしたのですが、同日の1400の自己条件に回ったんですけどそのパフォーマンスは内に刺さりながらタイムが2勝クラス3勝クラス連勝したサラキアとほぼ同じで圧巻でした。
そのとき朝日杯3着馬千切ったのでこれはアーリントンカップ勝てると思ったらタイセイビジョンに差をつけられての2着ですけど、この馬終始外回ったのに対して、タイセイは伸びる場所通って抜けてきたので着差ほど差はないと思います。
血統的に母系にミスプロ、ダンジグが入っていますし、
結構間隔詰めてますけど、調教はレシステンシアと比較しても無茶苦茶動いてますし、揉まれ弱さを出さなければやれると思います。
福永に戻るのもいいので、今日のメインのボタシェのような競馬ができればと思います。

対抗は同じ3枠の牝馬シャインガーネット。これは単純にファルコンSのレベルが高いこと。
重馬場でタイム1分21秒台はかなり優秀だと思うんですよね。
東京マイル勝ちはありますのでこの馬本命も考えたんですけど、田辺が何を考えてるのか理解できないので対抗です。
3番手はレシステンシアですが、同じ関西馬で逃げ切り勝ちはカレンブラックヒルミッキーアイルがいますけど、この2頭関東輸送経験して関東圏で勝ってます。
その点は留意が必要かと思うんですよね。

穴はウイングレイテストとボンオムトゥックですね。
前者はニュージーランドTで一番強かったと思います。トライアル負け組が来るG1ですから評価したいですね。
ボンオムトゥックはクロフネ×ダイワメジャーとこのレース来なきゃいつ来る的な馬ですし、デピュティミニスター系狙い続ける身としてはここで切れません。

◎ギルテッドミラー 〇シャインガーネット
▲レシステンシア ☆ウイングレテスト
△タイセイトレイル、サクセッション、サトノインプレッサ
ボンオムトゥック、プリンスリターン、ルフトシュトローム
馬連◎からサトノまで流し、ワイド◎と〇から流し、3連複◎〇▲☆2BOX