競馬好きな社会人の日記

競馬好きな社会人の日常をつづった日記です。

第55回函館記念予想

1-1 レッドローゼス(牡5、蛯名正義国枝栄)
1-2 アメリカズカップ(牡5、北村友一音無秀孝)
2-3 ブラックバゴ(牡7、斎藤新・斎藤誠)
2-4 マイスタイル(牡5、田中勝春昆貢)
3-5 ドレッドノータス(セ6、菱田裕二矢作芳人)
3-6 マイネルファンロン(牡4、丹内祐次手塚貴久)
4-7 カルヴァリオ(セ6、吉田隼人大竹正博)
4-8 メートルダール(牡6、武藤雅・戸田博文)
5-9 ポポカテペトル(牡5、岩田康誠友道康夫)
5-10 ステイフーリッシュ(牡4、中谷雄太・矢作芳人)
6-11 マイネルサージュ(牡7、国分恭介鹿戸雄一)
6-12 スズカデヴィアス(牡8、勝浦正樹橋田満)
7-13 アーバンキッド(牡6、横山武史・斎藤誠)
7-14 ナイトオブナイツ(牡6、池添謙一池添兼雄)
8-15 ゴールドギア(牡4、幸英明伊藤圭三)
8-16 エアスピネル(牡6、福永祐一笹田和秀)

重賞は勝つ力があると評価しているレッドローゼスですが、
前走負かした組のクレッシェンドラブが七夕賞2着で、カデナが巴賞僅差の3着なら通用するかなと。
ただ、内枠がどうかなんですよね。一応前には行けるんですけど。

◎レッドローゼス ○スズカデヴィアス
▲ゴールドギア ☆ステイフーリッシュ
△メートルダール、マイネルファンロン、マイスタイル、ナイトオブナイツ
馬連◎から流し

先週の回顧(7/13)

プロキオンS

アルクトスが3連勝で重賞初制覇。
着実に馬が力をつけてきていたことと、内に潜り込めたことが大きかったと思います。
1400~1600ならばこれから先楽しみのある馬じゃないかと思いますね。
実績的にはアルクトスよりもなくて結局その点が気になって本命にしなかったミッキーワイルドが2着。
準オープンぶっちぎって勝った点も見ていまのところは1400がベストなのでしょうけど、
こういう高速馬場もこなせたことで先の視界は開けたと思います。最近は出遅れなくなてますし。
サンライズノヴァは復調気配と言えそうですが、ただ先着された4歳勢2頭のような新興勢力が得意条件に出てくると
ゲート面がネックで厳しい状況になりかねないなとも考えます。
マテラスカイは完全に1200よりになってるので、1400は厳しいでしょうね。

七夕賞

ミッキースワローが久々の重賞制覇。菊沢一樹も重賞初制覇になりました。
ラジオNIKKEI賞でインテンスライト買った人は流石に買いづらいと思ってしまう面もありましたが、
流石にここでは実力上位だったといえるでしょう。
ただ、この馬の適性がどこなのかがあいかわらずよくわかりませんが。
現実的には新潟祈念に出てきたら勝ち負けだと思うので、サマー2000しりーずでは最有力と言えるんじゃ内でしょうか?
クレッシェンドラヴは出遅れからかなり強い競馬。
確実に力をつけてきているので、重賞勝つのは時間の問題でしょう。
ロードヴァンドールは日経新春杯とか阪神大賞典で好走してますけど、多分ベストは2000のような気がします。
ゴールドサーベラス新潟記念なら馬券に絡む可能性は結構あるかと思います。
クリノヤマトノオーは外枠だっただけに、大外ぶん回しの方がよかったかなという気がしました。
1800がベストかもしれません。

第55回七夕賞予想

1-1 エンジニア(牡6、津村明秀牧光二)
1-2 アウトライアーズ(牡5、野中悠太郎・小島茂之)
2-3 ロシュフォール(牡4、三浦皇成・木村哲也)
2-4 ソールインパクト(牡7、大野拓弥戸田博文)
3-5 ストロングタイタン(牡6、戸崎圭太池江泰寿)
3-6 マルターズアポジー(牡7、武士沢友治堀井雅広)
4-7 カフェブリッツ(牡6、蛯名正義池江泰寿)
4-8 タニノフランケル(牡4、福永祐一角居勝彦)
5-9 ロードヴァンドール(牡6、横山典弘昆貢)
5-10 ベルキャニオン(牡8、丸山元気堀宣行)
6-11 ゴールドサーベラス(牡7、藤田菜七子清水英克)
6-12 ミッキースワロー(牡5、菊沢一樹菊沢隆徳)
7-13 ウインテンダネス(牡6、柴田大知・杉山晴紀)
7-14 ブラックスピネル(牡6、石橋脩音無秀孝)
8-15 クレッシェンドラヴ(牡5、内田博幸・林徹)
8-16 クリノヤマトノオー(牡5、和田竜二高橋義忠)

ここにレッドローゼス出てきてたら本命にすると思うので、
そのレッドローゼスに先着したことがあって、前走もそこまで負けてないクリノヤマトノオーは
差しも決まる先行争い激化の可能性も高いのでいいかと。
トニービン持ちが来るレースですし。
いまの福島の馬場大外分回し+内からするするの馬の組み合わせという感じで決まることが多いので、
内枠である程度位置取れそうなカフェブリッツとアウトライアーズは小回り向きだと思うので評価したいです。

◎クリノヤマトノオー 〇クレッシェンドラヴ
▲カフェブリッツ ☆アウトライアーズ
ロシュフォール、ミッキースワロー、ブラックスピネル
馬連◎から流し

第24回プロキオンS予想

1-1 サクセスエナジー(牡5、松山弘平北出成人)
2-2 ダノングッド(牡7、鮫島克駿村山明)
2-3 ドンフォルティス(牡4、秋山真一郎・牧浦充徳)
3-4 ヴェンジェンス(牡6、幸英明大根田裕之)
3-5 サンライズノヴァ(牡5、松若風馬音無秀孝)
4-6 ワンダーサジェス(牝6、太宰啓介石橋守)
4-7 アディラート(牡5、酒井学須貝尚介)
5-8 ウインムート(牡6、川田将雅加用正)
5-9 マテラスカイ(牡5、武豊森秀行)
6-10 アルクトス(牡4、田辺裕信・栗田徹)
6-11 オールドベイリー(牡5、小崎綾也中内田充正)
7-12 ミッキーワイルド(牡4、北村友一安田隆行)
7-13 アードラー(牡5、西村淳也・音無秀孝)
8-14 キングズガード(牡8、M.デムーロ・寺島良)
8-15 プロトコル(牡8、川須栄彦牧光二)

有力馬どうなのかなと思うところがあるので久々に56キロのキングズガード狙いたいところですが、
雨が降って前止まらないと出遅れ確率50%近いのでさすがに本命にはしづらいです。
他は斤量とか気になりますし、マテラスカイ1200に寄りすぎてる感が否めないですよね。
一応1400実績重視且つ57キロで済んでるサクセスエナジーは人気なさすぎだなと。

◎サクセスエナジー 〇ミッキーワイルド
アルクトス ☆キングズガード
ヴェンジェンス、ウインムート、アディラート
馬連◎から流し

先週の重賞回顧

CBC賞

レッドアンシェルが重賞初制覇。
3歳時から比較的買ってきた馬ですけど、まさか1200に適性があるとはという感じですね。
京都1200は比較的マンハッタンカフェ産駒が走る印象ですけど、中京の重い馬場でも快勝ですから新星誕生といっていいでしょう。
アレスバローズはさすがに斤量がかわいそうという感じでしたけど、力のあるところを見せました。
G1でも少なくとも馬券に絡めるだけの力を持った馬だと思うんですけどね。
それ以上に強かったのはセイウンコウセイ。ようやくスランプ脱出という感じですかね。
あまり中山はよくない印象ですけど、これくらい力を出せる状態ならミスターメロディを逆転もあるでしょう。
キョウワゼノビアは力をつけてきているのは明らかで、1200か1400のハンデ重賞なら近いうちに穴をあけるかもしれません。

ラジオNIKKEI賞

ブレイキングドーンが重馬場という条件を活かして初重賞制覇。
馬場が味方したとはいえスタミナはありそうだなと。このレースから菊花賞好走馬出てるだけに無視はできない存在かなと。
母系はアグネスレディーアグネスフローラの牝系で、
トニービン持ちのエルコンドルパサーホワイトマズルが入ってます。
菊花賞馬出した種牡馬に、最近の京都長距離好走する馬の多いトニービン持ちですから血統面で見たら菊花賞面白いでしょう。
京都1800重賞で2着もありますし。平坦が向いてるかもしれません。
田辺はようやくリズムがよくなってきた感じで、春競馬のときほど嫌う理由はないかなと考えます。
2着のマイネルサーパスは福島1800がベストなんでしょうね。
3着のゴータイミングと4着のダディーズマインドはなかなか見どころがあったので、今後の成長次第で秋は面白そうだなと思いました。
5着のアドマイヤスコールと6着のヒルダカールは位置取りが悪かったのがなぁという印象。
良馬場でもう1度見てみたいですね。