競馬好きな社会人の日記

競馬好きな社会人の日常をつづった日記です。

第133回目黒記念予想

1-1 ウインテンダネス(牡6、内田博幸・杉山晴紀)
2-2 アクションスター(牡9、藤田菜七子・和田勇介)
3-3 ソールインパクト(牡7、福永祐一戸田博文)
4-4 ムイトオブリガード(牡5、武豊角田晃一)
4-5 アイスバブル(牡4、B.アヴドゥラ・池江泰寿)
5-6 ブラストワンピース(牡4、池添謙一大竹正博)
5-7 ゴーフォザサミット(牡4、石橋脩藤沢和雄)
6-8 チェスナットコート(牡5、坂井瑠星・矢作芳人)
6-9 アドマイヤエイカン(牡6、岩田康誠須貝尚介)
7-10 ルックトゥワイス(牡6、D.レーン・藤原英昭)
7-11 ポポカテペトル(牡5、M.デムーロ友道康夫)
8-12 パリンジェネシス(牡5、川田将雅清水久詞)
8-13 ケイティクレバー(牡4、鮫島克駿・杉山晴紀)

このレースって切れというよりはスタミナがないとダメなレースだと思うんですよね。
さらに差し馬でも来るのは内からという印象もあるので、ブラストワンピースにとってどうなのかな?と思うんですよね。
とてもスタミナがあるタイプに見えませんし、母系もツルマルグラマーですし。

その意味で母系がスタミナ系で前に行けて府中2400で2分22秒台の時計持ってるパリンジェネシスは面白いかと。
去年ムイトオブリガードに勝ってますし、それを考えれば54キロも含めていいかと。
あと、ウインテンガネス人気なさ過ぎですよね。
この馬府中2400以上でこそのうまと思いますが。

◎パリンジェネシス ○ルックトゥワイス
▲ムイトオブリガード ☆ブラストワンピース
△ウインテンダネス、ポポカテペトル、ソールインパクト、アイスバブル
馬連◎から流し

第86回日本ダービー予想

1-1 ロジャーバローズ(牡3、浜中俊角居勝彦)
1-2 ヴィント(牡3、竹之下智昭・千田輝彦)
2-3 エメラルファイト(牡3、石川裕紀人相沢郁)
2-4 サトノルークス(牡3、池添謙一池江泰寿)
3-5 マイネルサーパス(牡3、丹内祐次・高木登)
3-6 サートゥルナーリア(牡3、D.レーン・角居勝彦)
4-7 ダノンキングリー(牡3、戸崎圭太萩原清)
4-8 メイショウテンゲン(牡3、武豊池添兼雄)
5-9 ニシノデイジー(牡3、勝浦正樹・高木登)
5-10 クラージュゲリエ(牡3、三浦皇成池江泰寿)
6-11 レッドジェニアル(牡3、酒井学高橋義忠)
6-12 アドマイヤジャスタ(牡3、M.デムーロ須貝尚介)
7-13 ヴェロックス(牡3、川田将雅中内田充正)
7-14 ランフォザローゼス(牡3、福永祐一藤沢和雄)
7-15 リオンリオン(牡3、横山武史・松永幹夫)
8-16 タガノディアマンテ(牡3、田辺裕信鮫島一歩)
8-17 ナイママ(牡3、柴田大知武藤善則)
8-18 シュヴァルツリーゼ(牡3、石橋脩堀宣行)

ダノンチェイサーが回避してそれならタガノディアマンテは京都新聞杯出る必要なかったのでは?と思えてくるように500万勝ちが2頭も出れる状況になってしまいました。
皐月賞本命対抗単穴の順番まで完璧だったバイアスがあるので、ここは3頭抜けてるのでは?と考えます。
年始に皐月賞、ダービーともにサートゥルナーリアと予想してますし、去年ワグネリアンから変えて失敗したので今年は初志貫徹で行こうと思います。

サートゥルナーリアに関しては枠もいいところですので、少なくとも皐月賞より前で競馬すると思います。
ルメールならば大丈夫といえますが、レーンは先週のコントラチェック見ると、リオンディーズなんかのようにかかる気性が出てくるという可能性はあるんじゃないかと。
ただし、スタミナは担保されてる血統なのでかかっても押し切れる力がある馬とも言えます。
気性的なものは角居厩舎なので兄たちの経験から対応してきてる可能性もありますけどね。

対抗はヴェロックスです。瞬発力ないとか言われてますけど、東スポ杯の敗因は不利で明らかですし、
年明けてから別馬に変わってると思います。
やや外目ですが、ワグネリアンとかイスラボニータのように位置取り行けば好勝負できますし、
川田ならば下げずにポジションを結構取り行くと思います。
ハーツクライの府中代わりは定番ですけど、ジャスタウェイも府中でよくなる可能性あると思うんですよね。
先週のカレンブーケドール的な競馬ができたとすれば、わたしはサートゥルナーリアとの一騎打ちだと思うんですけどね。
単穴はダノンキングリー。皐月賞の評価がこの馬1番難しいんですよね。
通ったところは伸びない馬場のとこなんですけど、最後ヴェロックスは差し返そうと伸びてたのにこの馬止まったようにも見えるんですね。
気性も前向きな感じもありますし、ほかの2頭と比べて位置は取らない可能性があると思うので、それが吉とでるか凶と出るかが読み切れないというのが正直な感想。
極端に内有利になってると外から馬が殺到してポジション落とす可能性のある内枠って悪い方向に行く可能性があるんですよね。
去年はテーオーエナジーがふらふらして、ポジションが下がったゴーフォザサミットとブラストワンピースはその時点でアウトでしたし。

一応穴は4番人気になりそうですがアドマイヤジャスタ。
これは皐月賞は枠のせいにしていいと思いますし、ジャスタウェイ産駒がハーツクライに似て府中で一変の可能性があるからです。
極端に後ろから行く馬でもないので一角崩すとすればこの馬でしょう。
あとは運よく一角が崩れた時の戦績に傷がない馬を軽く。

◎サートゥルナーリア 〇ヴェロックス
▲ダノンキングリー ☆アドマイヤジャスタ
△クラージュゲリエ、エメラルファイト、ランフォザローゼス、
リオンリオン、タガノディアマンテ
3連複◎〇2頭軸流し

本日までの回顧(5/25)

オークス

ラヴズオンリーユーが4連勝でG1初制覇。
あの位置から差し切れるんですから、ちょっとここでは1枚抜けていました。
秋華賞も有力じゃないかなと。
レンブーケドールはスイートピーSで変わってきた感があったのでギリギリまで残すかどうか迷ったんですけどねぇ・・
クイーンCの頃とは馬が変わったと考えておいていいでしょう。
クロノジェネシスはまぁ悪い競馬ではないと思いますが、そこまで内が伸びるわけでもない馬場なので、
結果的に内枠がダメだったとしかいいようがないですね。
ウィクトーリア、ダノンファンタジー、シャドウディーヴァあたりは力を出しきってるかと。
ウィクトーリアは急速に力をつけてきていますが、この血統そこまで成長力ある兄じゃなかったので秋になってどう転ぶか。
ダノンファンタジーは2000なら問題ないでしょう。
コントラチェックは府中で一切走っていない上にマークがきつくなるとこんなもんかと。
この馬はNHKマイルCに行くべきだったんじゃないかと思うんですけどね。

葵S

ディアンドルが1200を5連勝で重賞初制覇。
騎手がすべて違いますけど、連勝というのは珍しい。
ルーラーシップ×スペシャルウィークという血統でなんでここまでスプリンターなのと思えますが、
内容を見る限りはサマースプリントシリーズでもやれるでしょう。
アスターペガサスは一応印打ちましたが、これは前走度外視、
1400だと崩れてないので1200ですべて好転したとみるべきでしょう。
アウィルアウェイやディープダイバーは1400ベストでしょうね。

第2回葵S予想

1-1 ケイアイサクソニー(牡3、和田竜二山内研二)
1-2 ホープフルサイン(牡3、幸英明本間忍)
2-3 アズマヘリテージ(牝3、松若風馬河内洋)
2-4 ドゴール(牡3、津村明秀黒岩陽一)
3-5 ジャカランダシティ(牡3、B.アヴドゥラ・牧浦充徳)
3-6 ディアンドル(牝3、藤岡佑介・奥村豊)
4-7 アウィルアウェイ(牝3、川田将雅高野友和)
4-8 ウィンターリリー(牝3、国分恭介岩戸孝樹)
5-9 メイショウケイメイ(牝3、古川吉洋南井克巳)
5-10 エイティーンガール(牝3、池添謙一飯田祐史)
6-11 ディープダイバー(牡3、藤岡康太大久保龍志)
6-12 ジャスティン(牡3、川又賢治・矢作芳人)
7-13 アスターペガサス(牡3、福永祐一中竹和也)
7-14 タマモメイトウ(牡3、吉田隼人藤岡健一)
8-15 マリアズハート(牝3、菱田裕二菊沢隆徳)
8-16 ニホンピロヘンソン(セン3、藤井勘一郎・安達昭夫)

ここはディアンドルとディープダイバーで固いと思いますけどね。

◎ディープダイバー ○ディアンドル
▲メイショウケイメイ ☆アウィルアウェイ
△エイティーンガール、アスターペガサス、タマモメイトウ、マリアズハート
3連複◎○2頭軸流し

ダービーウィークに新冠に行って思うこと

運よく北海道に行く機会があって札幌から新冠に行ってきました。

f:id:kafofeak:20190524171826j:plain
門別競馬場

途中門別競馬場前を通りましたが、そこから結構距離ありますね。門別競馬場も札幌からかなり通い。

そして地震の影響で電車は止まっている状況では、札幌方面から行くのはバスしかない。

f:id:kafofeak:20190524171924j:plain
新冠

とりあえず新冠駅且つバス停近くにはウインブライトの勝利の垂れ幕がありました。

新冠までの途中でオジュウチョウサンの坂東牧場、ゴールドシップの出口牧場、下河辺牧場ノースヒルズあたりの看板は見ました。

日本ダービーの人気上位馬がほぼノーザンファーム大阪杯から掲示板載ってるのほぼノーザンファームなのを見ると、ちょっと先が心配になります。

あまりにも収得賞金が抜けてるのを見ますと、これから先日高から強い馬がでてくるのかなと。

もちろん経営努力の賜物とは思いますけど、実際に新冠を訪ねてみてどうにかならないのか?と思えてきました。

他に画像を撮ってきたのでぼちぼち公開していこうと思います。

第80回オークス予想

1-1 ジョディー(牝3、武藤雅・戸田博文)
1-2 クロノジェネシス(牝3、北村友一・斉藤崇史)
2-3 コントラチェック(牝3、D.レーン・藤沢和雄)
2-4 シェーングランツ(牝3、武豊藤沢和雄)
3-5 エールヴォア(牝3、松山弘平橋口慎介)
3-6 アクアミラビリス(牝3、藤岡佑介吉村圭司)
4-7 シャドウディーヴァ(牝3、岩田康誠斎藤誠)
4-8 ダノンファンタジー(牝3、川田将雅中内田充正)
5-9 ウインゼノビア(牝3、松岡正海青木孝文)
5-10 カレンブーケドール(牝3、津村明秀国枝栄)
6-11 シゲルピンクダイヤ(牝3、和田竜二渡辺薫彦)
6-12 ウィクトーリア(牝3、戸崎圭太小島茂之)
7-13 ラヴズオンリーユー(牝3、M.デムーロ矢作芳人)
7-14 フェアリーポルカ(牝3、幸英明西村真幸)
7-15 ノーワン(牝3、坂井瑠星・笹田和秀)
8-16 ビーチサンバ(牝3、福永祐一友道康夫)
8-17 メイショウショウブ(牝3、池添謙一池添兼雄)
8-18 フィリアプーラ(牝3、丸山元気菊沢隆徳)

桜花賞馬がNHKマイルに回る形となりましたが、今年はとくに距離が怪しそうな馬が多い印象です。
さらに中山で連勝してきて府中は初という関東馬も人気しているため迷いたくはなります。
個人的には年明けに予想したとおり東京1800の圧勝からクロノジェネシス本命でいきたいと思います。
思ったより単勝ついてる印象ですが、それは先週のレッドオルガの前詰まりをみたら不安になるのはわかる。
ただ、2400ですし距離怪しい馬が多いので案外内があく可能性はあるんじゃないかと。
枠の並び見るとある程度前壁にして位置を取る競馬も可能と考えますので、北村友一はラストチャンスを決めないとダメでしょう。
対抗は桜花賞馬回避を見るとトライアル組が来そうなので、その意味では内枠でうまく脚を溜めれたウィクトーリアよりはまともに追えないながらも2着に来たシャドウディーヴァの方を上に取りたいです。
まぁ、この馬もクロノジェネシス同様不利を受けちゃう馬なのでその点が怖いのですけど。
3番手はエールヴォア。この馬も桜花賞見直したらいい脚使ってるんですよね。
ついでに言うとアルテミスSも悪くない競馬だと思いますし、東京で好走歴あるのもいいでしょう。
血統的に母系がステイゴールド近親且つトニービンもちですので血統フォーカスの人は買うべき馬だと思いますね。

ダノンファンタジーにしろビーチサンバにしろ桜花賞のペースが合わなくても2着争いだったと考えると安易に切るのはよくないかなと思うので抑えます。
穴で上げるとすればフェアリーポルカですね。
8着まで9番より内しか来てない中、大外から僅差の5着ですのでかなり強い競馬してたと思います。
若駒Sも勝ったのヴェロックスですし、1800~2000で良績あるので面白いんじゃないでしょうか?

◎クロノジェネシス ○シャドウディーヴァ
▲エールヴォア ☆ラブズオンリーユー
コントラチェック、ビーチサンバ、シゲルピンクダイヤ、
フェアリーポルカ、ウィクトーリア、ダノンファンタジー
3連複フォーメーション ◎-○▲☆-○▲☆△