競馬好きな社会人の日記

競馬好きな社会人の日常をつづった日記です。

【スポンサーリンク】

WIN5(5/15)

中京10R 志摩S メモリーエフェクト、ライティア
東京10R 青竜S ペイシャエス、リッキーマジック
新潟11R 弥彦S ドンアルゴス
中京11R 栗東S  ヴァニラアイス
東京11R ヴィクトリアマイル ソングライン

志摩Sはおそらく人気上位3頭で決まると思いますが、とりあえずメモリーエフェクト本命かなと思ったのでライティアとの組み合わせで。
青竜Sはホウオウルーレット正念場ですが、ここは東京勝ちのある2頭で。とくにペイシャエスは強いと思うので。
あとは振り回すのは弥彦Sのドンアルゴス
買いたい馬がないので、はまれば突っ込んで来るこの馬で。

第17回ヴィクトリアマイル予想

1-1 デアリングタクト(牝5、松山弘平・杉山晴紀)
1-2 ソングライン(牝4、池添謙一・林徹)
2-3 メイショウミモザ(牝5、鮫島克駿池添兼雄)
2-4 マジックキャッスル(牝5、戸崎圭太国枝栄)
3-5 ソダシ(牝4、吉田隼人須貝尚介)
3-6 ディヴィーナ(牝4、武豊友道康夫)
4-7 レシステンシア(牝5、横山武史・松下武士)
4-8 クリノプレミアム(牝5、松岡正海伊藤伸一)
5-9 アブレイズ(牝5、菅原明良・池江泰寿)
5-10 ローザノワール(牝6、田中勝春西園正都)
6-11 ファインルージュ(牝4、C.ルメール・木村哲也)
6-12 ミスニューヨーク(牝5、M.デムーロ・杉山晴紀)
7-13 レイパパレ(牝5、川田将雅高野友和)
7-14 アカイイト(牝5、幸英明中竹和也)
7-15 アンドヴァラナウト(牝4、福永祐一池添学)
8-16 デゼル(牝5、藤岡康太友道康夫)
8-17 シャドウディーヴァ(牝6、坂井瑠星・斎藤誠)
8-18 テルツェット(牝5、D.レーン・和田正一郎)

思ったより雨が降らない状況で、今日の夜も降りそうもない。
京王杯で1分20秒前半出ていますから、となると1分31秒台の担保がある馬を買うという感じになると思います。
G1で連敗が続いていて自信が持てなくなってくるのですが、ここはわりかしこの2頭でいいだろというのがあるんですよね。
で、2頭の内厩舎的な信頼度に加えて、枠順とか見て決めようと思ったら思い通りの枠順になったので、ソングライン本命で行きます。
海外帰りなのは不安材料なのですが、内枠から富士Sいいメンバーで突き抜けてるので、
インが伸びるようになっても問題ないかなというのがあります。
あと、去年のNHKマイルカップのメンバー見たらやっぱり揃っていたわけで、その中で1分31秒台出したのは評価したい。
加えてこの馬キズナ産駒なのに、右回り得意なキズナ産駒とはちょっと違う感じがあるので。

対抗はファインルージュ。これは東京新聞杯好走できる馬はこのレースで馬券圏内来ることが多いことと、
崩れた条件はオークスだけなのでここも好勝負できると思います。
評価下げたのは厩舎要素的なものです。
あとは31秒台ならあるかということでソダシ、31秒台は出せそうな感じはあるレイパパレ。
ただ、レイパパレ大阪杯見たら今年は宝塚記念でもと思ったらこっちにでてきたんですよね。
そうなるとちょっと抑えが効かなくなると思うんですがね。

本命対抗の2軸で手広く行きますがワイドで追加で買うかもしれない強調したい馬を4頭上げたいと思います。
まず去年狙ったマジックキャッスル。これは阪神牝馬Sで復調見せたと思うんですよね。出遅れた割に来てましたし。
その前の2走の負け方が非常によろしくないのですが、国枝厩舎なら叩いて上積みあると思うんですよね。
続いて同じく阪神牝馬S差しそこね組のデゼル。
阪神1600で1.32.0があって、去年は外回ったのもあったと思うので、穴として面白いと思います。
あとはクリノプレミアム。これは明らかに本格化していて、京都金杯は悪くない。
時計面は怪しさありますが、距離短縮組だとこの馬は狙いたい。
最後にアンドヴァラナウトで、前走はかなり微妙な内容ですが、池添弟が仕上げ失敗した的なコメント残してたんですよね。
その通りに上積みがあればといったところです。

◎ソングライン ○ファインルージュ
▲ソダシ ☆レイパパレ
△マジックキャッスル、デゼル、クリノプレミアム、
アンドヴァラナウト、シャドウディーヴァ、ディヴィーナ、
テルツェット、レシステンシア、デアリングタクト、メイショウミモザ
馬連◎から○▲☆4,8,15,16、3連複◎○2頭軸流し

NHKマイルカップ、新潟大賞典、京王杯スプリングカップ回顧

NHKマイルカップ

ダノンスコーピオンが大外枠から勝ちきりました。
本命にしようか相当迷って対抗にしたのですが、素直に安田隆、昆>中内田の信頼度を考えるべきでした。
前走よりも追走できててここを目標に調子を上げてきたんだと思います。
湘南Sと同じようなタイムですけど、ここから成長余地はありそうなので秋でどこまで上積みがあるかは気になるところです。
2着マテンロウオリオンは最内入ったのと大外でも伸びるのでこの競馬すると決めてたと思います。
この競馬選択したのと最後差しきれなかったのは距離もあるんじゃないですかね。
ただ、その割にダービー出てくるようなので距離は持つ根拠があるでしょうね。
3着カワキタレブリーはただでさえ買う気ないのに、馬体重見ても買う気にならないのに来ましたねぇ。
強いてあげればデピュティミニスターが入ってるのはもう少し見るべきでしたが・・
ただ、最後の伸びは見る物がありましたし、おかわりもありそうな印象です。
4着セリフォスは久々の分と1頭になったのもあるかと思います。
こういうのがあるのでレース経験が必要なんじゃという気がしましたが。
内の馬場は悪くなかったと思いますけど、思ったよりも前に行った分最後止まった感じです。
次は叩いてよくなるかもしれませんが、この内容的に安田記念で去年のシュネルマイスターのようにやれるかというとう~んという感じ。
ただ、今年は去年ほどメンバー揃ってないのでどうでしょうか。
インダストリアに関しては弥生賞の脚は目を見張るものがありましたが、シュネルマイスターほど追走できてなかったですし、
内容も今ひとつだった分だと思います。
キングエルメスもよく頑張りましたがキレ負けという感じ。
ジャングロは新味が出ましたけど、やっぱりマイルより短いところの馬でしょう。
アルーリングウェイも出遅れて良さが出なかったと思いますけど、この馬以外の牝馬はちょっと走ってないなと。
ソネットフレーズは仕方ないと思いますが、去年の3歳牝馬桜花賞阪神JFもタイム的なものが素晴らしかっただけに今年はレベル的にどうなのか?というのはあるかと思います。

新潟大賞典

レッドガランが重賞2勝目。
斤量が嫌われてましたが、このメンバーでは力が違った印象です。
とにかくこの馬去年から東風S以外ほぼ崩れておらず、京都記念も6着ながら0.4差。
少なくともG3は卒業レベルと思いますし、サマーシリーズ狙いでも有力の1頭になるでしょう。
カイザーバローズは結果的に後ろからになって良かった面もあると思います。
左回りもこなせましたし、G3では順番が回ってきそうな感じにはなってると思います。
シャマルは本命迷って印を落としたのが失敗でしたが・・
G3レベルならばやれることを示したと思います。
モズナガレボシは収穫のある走り。スタミナ勝負にもちこめたのもよかったのでしょうが、これならG3でもう一回があるでしょう。
シュヴァリエローズはペースに戸惑った印象です。

京王杯スプリングカップ

メイケイエールが重賞5勝目。ほんと勝つか馬券外かの馬です。
インタビューで池添がゼーハーしてたように距離延長が相当きつかったと思います。
ただ、このレースの勝ち馬や好走している馬を見ると1200G1との関係性は強く、スプリントG1でのチャンスはかなりあると言えるでしょう。
距離は現状1400限界でしょうね。
スカイグルーヴは堅実さを増している感じで、牝馬重賞ならばという感じでしょうか。
1600がどうかという懸念点は残ってる感じがしますけど。
タイムトゥヘヴンは地力強化してきた印象です。
去年の富士Sの走りを見てたらマイルでもう少しで大きいところで馬券に絡むところまで来そうです。
ワールドバローズの4着は収穫でオープンでもやれるでしょう。
一方、ラウダシオンに関しては去年より馬場を考えるときつかった分最後止まったかなという印象です。
シャインガーネットは前に行ったら良さがでなかったですね。
ギルデッドミラーはスタートで終わり。最後は伸びてきてるのですが。

第67回京王杯スプリングC予想

1-1 ミッキーブリランテ(牡6、三浦皇成矢作芳人)
2-2 リフレイム(牝4、野中悠太郎・黒岩陽一)
3-3 ギルデッドミラー(牝5、D.レーン・松永幹夫)
4-4 スカイグルーヴ(牝5、C.ルメール・木村哲也)
5-5 クリスティ(牝5、松若風馬・杉山晴紀)
5-6 ワールドバローズ(牡4、和田竜二・石坂公一)
6-7 リレーションシップ(牡5、戸崎圭太須貝尚介)
6-8 シャインガーネット(牝5、田辺裕信・栗田徹)
7-9 タイムトゥヘヴン(牡4、大野拓弥戸田博文)
7-10 ラウダシオン(牡5、M.デムーロ・斉藤崇史)
8-11 ビオグラフィー(牝5、内田博幸藤岡健一)
8-12 メイケイエール(牝4、池添謙一武英智)

ヴィクトリアマイルと同じ週なのになぜか牝馬が大量出走している状況になってます。
ギルデッドミラーはダービー卿チャレンジトロフィーの内容からヴィクトリアマイルでも狙えるかと思ってたのですが、地味に賞金加算してなかったのが痛かったですね。
で、牝馬が大量に出ていて牡馬相手に善戦している馬があまりいない状況で、
距離やらいろいろと不安な馬も多い(そもそもリフレイムが1枠でメイケイエール大外という不確定要素がでかい)
それを考えると牡馬相手で実績のあるギルデッドミラーとシャインガーネット有力と思うんですよね。
で、直近2走の負けは理由が巻単位説明できるのでオッズ的なもの考えてギルデッドミラー本命です。
レーンがあまり信頼度高くありませんが、馬場荒れるのもこなしてますので。
相手もシャインガーネットでアナはミッキーブリランテ。

◎ギルデッドミラー ○シャインガーネット
▲ミッキーブリランテ ☆タイムトゥヘヴン
△リレーションシップ、ワールドバローズ、メイケイエール、
ラウダシオン、スカイグルーヴ
馬連ワイド◎○▲BOXとワイド◎から☆△

次走注目馬(2022年5月第1週)

5/8 東京8R 4歳以上2勝クラス アルメイダミノル

クラス慣れしてから勝ち上がりに時間のかかるタイプだが、ぶっちぎって圧勝。
速い時計にも対応できるようになってきてるので上のクラスでもある程度やれそう。
問題は秋から冬にかけて猛烈に太った後に絞ってることが続いているため、これで休みに入ったら次走馬体重は見た方がよさそう。

5/8 東京9R 湘南S ジャスティンカフェ

1勝クラスや2勝クラスでもたついた感がありましたけど、連勝で3勝クラス突破。
2~4着馬もオープン馬になれそうな馬たちですから、
その相手に千切ったのは評価していいでしょう。
タイム的なものは3歳春からいいものをたたき出してましたから、オープンでもやれると思います。

5/8 東京12R 立川特別 クリーンスレイト

ユニコーンSの末脚見たら走る馬だと思うのですが、その後2勝クラスで連敗続き。
ようやく勝って2勝クラス卒業。
負かした相手もアナンシエーションなので弱くはないのですが、3勝クラスでもやれそうなのに見ていてモヤモヤする馬です。
にしても体重増えてきてたのに一気にマイナス24キロ。反動大丈夫なのでしょうか。

WIN5(5/8)

中京10R 橘S ケイアイオメガ、デヴィルズマーブル
東京10R メトロポリタンS ウインマイティー、フライライクバード
新潟11R 新潟大賞典 シュヴァリエローズ
中京11R 鞍馬S グルーヴィット
東京11R NHKマイルカップ セリフォス

橘Sはケイアイオメガは強そうなのでファルコンS4着のデヴィルズマーブルとの2頭で。
メトロポリタンSはこの条件はゴールドシップ買っておけばいいコースなので、ウインマイティー買おうとしたら思ったより人気になっていて困惑なのですが。
鞍馬Sは逆にそこまで人気がないのでグルーヴィットで。

第27回NHKマイルC予想

1-1 マテンロウオリオン(牡3、横山典弘昆貢)
1-2 ソネットフレーズ(牝3、横山武史・手塚貴久)
2-3 ソリタリオ(牡3、鮫島克駿西村真幸)
2-4 セリフォス(牡3、福永祐一中内田充正)
3-5 キングエルメス(牡3、坂井瑠星・矢作芳人)
3-6 トウシンマカオ(牡3、戸崎圭太高柳瑞樹)
4-7 タイセイディバイン(牡3、松若風馬高野友和)
4-8 アルーリングウェイ(牝3、藤岡佑介藤岡健一)
5-9 ダンテスヴュー(牡3、吉田隼人友道康夫)
5-10 カワキタレブリー(牡3、菅原明良・杉山佳明)
6-11 インダストリア(牡3、D.レーン・宮田敬介)
6-12 セイクリッド(牝3、菊沢一樹大根田裕之)
7-13 ジャングロ(牡3、武豊森秀行)
7-14 フォラブリューテ(牝3、大野拓弥・宮田敬介)
7-15 オタルエバー(牡3、横山和生中竹和也)
8-16 プルパレイ(牡3、M.デムーロ須貝尚介)
8-17 ステルナティーア(牝3、池添謙一・木村哲也)
8-18 ダノンスコーピオン(牡3、川田将雅安田隆行)

個人的にちょっとオッズが想像と全然違っていて、思ったよりセリフォスが人気にならず、ダノンスコーピオンなんでここまで人気ないんだ?という気がするのですが。
素直に早い上がりが使える馬中心に組み立てたいと思います。
本命はセリフォスかなと。まぁ、年始からNHKマイルカップはこの馬でしたし。
引っかかる点は3枠までの馬が前に行きそうな点なんですけど、一昨年みたいに内と前行かないとしゃれにならないというパターンもあるレースですし。
キングエルメスの後ろピッタリとかの可能性も並び的にありえそうで、それなら福永なんとかしてくれるかと。

対抗はダノンスコーピオンですね。これはちょっと前走の脚見たら強いなと。
ここで問題になってくるのが共同通信杯で、調教はそのときとは違うと思います。
ただ、もしかして左回りダメ、輸送ダメの可能性はあるかなという気がしています。
3番手は素直に万両賞の脚を思い出してマテンロウリオン。
前走はちょっとがっかりな感じだったんですけどね。
ただ、ダイワメジャーが強いレースですし、割と差しも効くので叩いて上積みで上位2頭負かすとすればこの馬かと。
このレースノリとダイワメジャーフレンチデピュティ持ちを買っておけば当たるレースですし。
あともう1頭強調するとすればプルパレイ。
稍重でファルコンS1.20.9は評価していいでしょうし、勝負になる水準。
外から差し込むイメージがわくので。

基本的にそれ以外だとアーリントンカップ組を評価で、
穴で面白いと思うのはフレンチデピュティ持ちのアルーリングウェイとソリタリオ。
とくにアルーリングウェイ、万両賞でマテンロウオリオンとタイム差なしで、桜花賞も不利受けて0.2差なんですよね。
ステイゴールドつけても短距離馬になる血統なので1400までのような気もするのですが、この馬マイル悪くないので。
あとソリタリオも面白いと思うのですが、スプリングSかなり低レベルだった印象を持ち始めてるのでそれがどうか。

◎セリフォス ○ダノンスコーピオ
マテンロウリオン ☆プルパレイ
△アルーリングウェイ、ソリタリオ、キングエルメス
タイセイディバイン、インダストリア、トウシンマカオソネットフレーズ
馬連◎から○▲☆3,5,7,8、3連複フォーメーション◎-○▲☆-▲☆△