競馬好きな社会人の日記

競馬好きな社会人の日常をつづった日記です。

【スポンサーリンク】

WIN5(1/17)

中京10R 雅S マリオマッハー、カフジキング
中山10R ジャニュアリーS リュウノユキナ、ラプタス
小倉11R 門司S ペオース
中京11R 日経新春杯 ショウリュウイクゾ
中山11R 京成杯 テンバガー

小倉メインペオースとソリストサンダーで悩んだんですが松山がわざわざ小倉に来るならということでペオースに。
中京準メインは血統的にマリオマッハーが好きなのでチョイスしましたけど、
ここまで人気するとは思ってなかったのでちょっと困惑なんですよね。中京1800とか1900は向くと思いますが。

第68回日経新春杯

1-1 ダイワキャグニー(セ7、内田博幸菊沢隆徳)
1-2 ロサグラウカ(牝6、荻野琢真尾関知人)
2-3 サトノソルタス(牡6、池添謙一堀宣行)
2-4 サンレイポケット(牡6、荻野極・高橋義忠)
3-5 ミスマンマミーア(牝6、松若風馬・寺島良)
3-6 エアウィンザー(セ7、高田潤角居勝彦)
4-7 バレリオ(牡6、和田竜二相沢郁)
4-8 サトノインプレッサ(牡4、坂井瑠星・矢作芳人)
5-9 ヴェロックス(牡5、川田将雅中内田充正)
5-10 アドマイヤビルゴ(牡4、武豊友道康夫)
6-11 クラージュゲリエ(牡5、福永祐一池江泰寿)
6-12 ワセダインブルー(牡6、大野拓弥池上昌和)
7-13 レイホーロマンス(牝8、高倉稜橋田満)
7-14 ショウリュウイクゾ(牡5、団野大成・佐々木晶三)
8-15 レクセランス(牡4、西村淳也・池添学)
8-16 ミスディレクション(セ7、太宰啓介武幸四郎)

アドマイヤビルゴとの斤量差を考えるとショウリュウイクゾの53キロで魅力的かと。
前走の負けは距離が2000だとたらなかった感じで、
極端に後ろからの馬ではなく追走できるのでこの斤量ならやれるかと。
団野なのも魅力的だと思います。

◎ショウリュウイクゾ ○サンレイポケット
▲クラージュゲリエ ☆アドマイヤビルゴ
△ダイワキャグニー、サトノソルタス、バレリオ、
ヴェロックス、レイホーロマンス
ワイド◎から流し

第61回京成杯予想

1-1 タイムトゥヘヴン(牡3、M.デムーロ戸田博文)
2-2 タイソウ(牡3、石橋脩西園正都)
3-3 グラティアス(牡3、C.ルメール加藤征弘)
4-4 タケルジャック(牡3、北村宏司清水久詞)
5-5 ヴァイスメテオール(牡3、丸山元気・木村哲也)
5-6 テンバガー(牡3、戸崎圭太藤岡健一)
6-7 エイカイファントム(牡3、岩田望来・藤原英昭)
6-8 ブラックロータス(牡3、三浦皇成・金成貴史)
7-9 アクセル(牡3、横山典弘武幸四郎)
7-10 プラチナトレジャー(牡3、田辺裕信国枝栄)
8-11 ラカン(牡3、津村明秀武市康男)
8-12 ディクテイター(牡3、北村友一・斉藤崇史)

このメンバーでどうしたものかというレベルで買いたい馬がいない。
となると単純に考えれば新馬に先着許したのが、重賞勝ち馬2頭なテンバガーでいいのかなと。
この面子ならもっと人気になるかと思ったんですけど、どういうわけか単勝が10倍以上つく。
なにか罠かもしれないとも思えてきますが・・

◎テンバガー ○タイソウ
▲グラティアス ☆タイムトゥヘヴン
△ヴァイスメテオール、ディクテイター、プラチナトレジャー、アクセル
馬連◎から流し

シンザン記念、フェアリーS、愛知杯回顧

愛知杯

マジックキャッスルが2勝目で重賞初制覇。
不器用な馬ですし、前のこりの中京向かないだろと印下げたのですけど素直に馬が強かったです。
もともと大崩れしない馬ですし、この勝ち方ならばヴィクトリアマイルでも楽しみがあるでしょう。マイルは守備範囲の馬ですし。
2着のランブリングアレーは本命にしようか迷ったんですけど、福永がほんとにうまく乗ったと思います。
距離的に1800や2000の重賞はぴったりで、牝馬重賞勝つのは順番が回ってくるでしょう。
ウラヌスチャームは流れが向かないだろと思ったら最後突っ込んで来るとは。
この馬ほんとよくわからないので買い時が全くわかりません。
まさかここまで速くなって前が潰れるという予想はできなかったのですが、
もう少し遅ければサトノガーネットやデンコウアンジュはもう少しやれたかなと思います。
あと、今日はシゲルピンクダイヤとかウインマイティーがいた位置でも速くて、この2頭は次見直したいです。
センテュリオは2000だと距離足らないでしょうね。京都記念とか馬場も適度に荒れていいんじゃないでしょうか。

シンザン記念

モーリス産駒ワンツーの中、ピクシーナイトが重賞初制覇。モーリス産駒も初重賞となりました。
前走の負けは距離足らない上にちぐはぐ且つ勝ち馬が朝日杯5着と考えれば悪くなかったかと。
で、出遅れたのでゲート練習したら好スタート切れた上に、1400使ったことで行きっぷりもよく逃げて大成功となりました。
タイムトライアル的な競馬でこれだけやれたのですから、あとはスローでどうかというところですけど、素材は福永が評価するだけのものは見せれたかなと思います。
2着のルークズネストは迷って切ったんですが、思った以上に強かったですね。
なかなか奥が深そうな馬でもあるので次を見てみたいです。
バスラットレオンはよく頑張ってますが、ポジション取りに行くとじりじりな感じになるけど、だからといって簡単に垂れないという馬でどこかで賞金を稼ぎたいところですが。
狙い目はきさらぎ賞あたりとなりそうですが、今年京都開催じゃないのがどう出るか。
ククナは大外枠の割によく頑張ったと思います。
マイルが忙しい可能性はありますけど、上位は牡馬ですし牝馬限定ならマイルでもやれるとは思います。
ロードマックスは勝ちに行くのはわかりますが、この様子だと1400の方がいいんでしょう。

フェアアリーS

ファインルージュが重賞初制覇。
キズナ産駒の傾向として結構パワーある馬が多く、こういう年明け冬場の中山とかが一番合ってるのかもしれません。
1400から距離延長どうかと思ったんですが、ここまで走れるとは思わなかったですね。
ただ、基本的には阪神JF上位組とどうかという話ですが、流石にメンバーのレベルはそこまでないので、次桜花賞ぶっつけででてきたりしたら余り買いたくはないですね。
2着ホウオウイクセルは外差しが効くようになった中山に合った乗り方が良かったと思います。
このレースやけに丸田が来るような気が・・
福島1800の勝ち方よかったので穴で拾ったんですけど、母系からしたら距離伸びてもやれる余地はあるかと思います。
ベッラノーヴァは勝負が決してから突っ込んできた印象で評価が難しいですが、
素材的には面白いものがあるかと思います。
テンハッピーローズは展開に巻き込まれたのもありますが、乗り方としては悪くなくう~んという感じ。
気性的には難しさを見せてるように見えたので、次でどこまで改善するかでしょう。
クールキャットは意味不明でしたね。ホウオウイクセルが突っ込んできているだけにあそこで脚ためて大外ぶん回しでもよかったと思うのですけど。
なんか津村は12月あたりから田辺のような意味不明な騎乗をやるようになってるのは気になるところです。
アルテミスS上位組が2日続けて飛びましたけど、あのレースはソダシとユーバーレーベンが力を発揮していないだけのレースとも考えていいかもしれません。

第58回愛知杯予想

1-1 ドナウデルタ(牝5、岩田望来・石坂正)
1-2 ウインマイティー(牝4、松若風馬五十嵐忠男)
2-3 ディアンドル(牝5、池添謙一・奥村豊)
2-4 ウラヌスチャーム(牝6、岩田康誠斎藤誠)
3-5 センテリュオ(牝6、C.ルメール高野友和)
3-6 タガノアスワド(牝7、北村友一五十嵐忠男)
4-7 サトノガーネット(牝6、坂井瑠星・矢作芳人)
4-8 サマーセント(牝5、幸英明・斉藤崇史)
5-9 カセドラルベル(牝5、松山弘平西村真幸)
5-10 サトノダムゼル(牝5、川田将雅堀宣行)
6-11 デンコウアンジュ(牝8、柴田善臣荒川義之)
6-12 レッドアステル(牝5、武豊国枝栄)
7-13 アブレイズ(牝4、藤井勘一郎・池江泰寿)
7-14 ランブリングアレー(牝5、福永祐一友道康夫)
7-15 シゲルピンクダイヤ(牝5、和田竜二渡辺薫彦)
8-16 リンディーホップ(牝6、武藤雅・金成貴史)
8-17 ナルハヤ(牝7、藤田菜七子梅田智之)
8-18 マジックキャッスル(牝4、戸崎圭太国枝栄)

まだ前日段階とは言えこの枠の並びで偶数枠引けたウインマイティー9番人気なら狙ってみたいなと。
ここ3走ゲートやら不発ですが馬具を工夫するとのこと。調教は相変わらず動いてるので
スタート5分なら差し馬多いメンバーならば忘れな草賞の再現あるかと。

◎ウインマイティー ○ランブリングアレー
デンコウアンジュ ☆シゲルピンクダイヤ
△マジックキャッスル、センテリュオ、レッドアステル
サトノガーネット、サトノダムゼル、カセドラルベル
ワイド◎から流し

WIN5(1/11)

中京9R テンテキセンセキ、スズカカナロア
中山10R ウインキートス、クラヴェル
中京10R パラスアテナ
中山11R クールキャット
中京11R スリーグランド

注目したいのは中山10R迎春S。
結構面子が揃って面白そうだなと。
デゼルがここに出てきたのも驚きですが、ウインキートスとグラヴェルも重賞で通用するくらいのポテンシャル持ってる馬だと思うんですよね。
血統的にデゼルよりも中山向いてると思うのでこの2頭で行きます。

第37回フェアリーS予想

1-1 ベッラノーヴァ(牝3、丸山元気・金成貴史)
1-2 プリティインピンク(牝3、山田敬士・小手川準)
2-3 アトミックフレア(牝3、酒井学渡辺薫彦)
2-4 ニシノエルサ(牝3、勝浦正樹中野栄治)
3-5 クールキャット(牝3、津村明秀・奥村武)
3-6 ネクストストーリー(牝3、杉原誠人中川公成)
4-7 タイニーロマンス(牝3、内田博幸・金成貴史)
4-8 テンハッピーローズ(牝3、福永祐一・高柳大輔)
5-9 ファインルージュ(牝3、C.ルメール・木村哲也)
5-10 シャドウファックス(牝3、大野拓弥・宮田敬介)
6-11 オプティミスモ(牝3、藤井勘一郎・石坂公一)
6-12 ラストリージョ(牝3、柴田大知・蛯名利弘)
7-13 カラパタール(牝3、横山武史・池上昌和)
7-14 ビップエレナ(牝3、菊沢一樹・田島俊明)
8-15 ホウオウイクセル(牝3、丸田恭介高柳瑞樹)
8-16 グロリユーノワール(牝3、野中悠太郎・清水英克)

中山マイル実績のある馬が人気になるのですけど、
年明けの中山の馬場ってメジロ牝系の馬結構来るんですよね。去年の金杯もそうでしたし。
で、それを考えるとアルテミスSの内容は微妙ですが、クールキャット中山で一変あるかと。
穴は同じメジロ牝系のホウオウイクセルとタイニーロマンス。

◎クールキャット ○テンハッピーローズ
▲タイニーロマンス ☆ファインルージュ
△ホウオウイクセル、ベッラノーヴァ、シャドウファックス、オプティミスモ、カラパタール
馬連◎から流し