競馬好きな社会人の日記

競馬好きな社会人の日常をつづった日記です。

【スポンサーリンク】

第61回アメリカジョッキークラブカップ予想

1-1 ウラヌスチャーム(牝5、F.ミナリク・斎藤誠)
2-2 ラストドラフト(牡4、O.マーフィー・戸田博文)
3-3 ミッキースワロー(牡6、横山典弘菊沢隆徳)
4-4 マイネルフロスト(牡9、松岡正海・高木登)
5-5 スティッフェリオ(牡6、丸山元気音無秀孝)
5-6 クロスケ(牡5、北村宏司水野貴広)
6-7 ルミナスウォリアー(牡9、柴山雄一和田正一郎)
6-8 グローブシアター(牡6、石橋脩角居勝彦)
7-9 ニシノデイジー(牡4、田辺裕信・高木登)
7-10 ステイフーリッシュ(牡5、C.ルメール矢作芳人)
8-11 ブラストワンピース(牡5、川田将雅大竹正博)
8-12 サトノクロニクル(牡6、大野拓弥池江泰寿)

ブラストワンピース仕上がりどうなのかという感じがしますので、
普通にノリにスイッチしてきたミッキースワローでいいと思ったんですが・・
ただ、大阪杯とか見ても時計のかかる阪神と中山だとパフォーマンスを落とす可能性があるのは引っかかります。

ステイフーリッシュ、ルメール乗せてきたので何馬身違うことやら・・と思うんですね。
この馬の京都新聞杯、メイショウテッコンとかグローリヴェイズ一蹴したのとが忘れられないんですよね。
中山で崩れていないことと、2000で消化不良ならばむしろ2200の方がいいかもしれません。
直近の好走時は明らかに時計がかかってるので、今の中山の馬場も合うでしょう。

◎ステイフーリッシュ 〇ミッキースワロー
▲ブラストワンピース ☆ニシノデイジー △ラストドラフト
馬連◎から流し

第37回東海S予想

1-1 モズアトラクション(牡6、藤岡康太・松下武士)
1-2 コマビショウ(牡5、和田竜二南井克巳)
2-3 アングライフェン(牡8、M.デムーロ安田隆行)
2-4 スマハマ(牡5、藤岡佑介高橋亮)
3-5 コスモカナディアン(牡7、A.シュタルケ・金成貴史)
3-6 アイファーイチオー(牡6、坂井瑠星・上村洋行)
4-7 エアアルマス(牡5、松山弘平池添学)
4-8 マイネルクラース(牡6、国分優作・高木登)
5-9 メイショウウタゲ(牡9、城戸義政・安達昭夫)
5-10 ロードアルペジオ(牡7、岩田康誠笹田和秀)
6-11 ビルジキール(牡4、池添謙一安達昭夫)
6-12 ヒストリーメイカー(牡6、畑端省吾・作田誠二)
7-13 インティ(牡6、武豊野中賢二)
7-14 キングズガード(牡9、秋山真一郎・寺島良)
8-15 ヴェンジェンス(牡7、幸英明大根田裕之)
8-16 ヒロブレイブ(牡7、国分恭介川村禎彦)

インティ外枠、スマハマ内枠でみやこSの再現の可能性もあるかと思いますね。
そしてエアアルマスがまた妙に人気してますが、真ん中の枠なので挟まれてやる気なくす可能性もありそうですし。

ここは3度目の正直でアングライフェンを狙おうかと思います。
確かに1900メートル以上が良積で100メートル足らないだろとか、川崎記念の方がいいのでは?と思うところはあります。
ただ、前走は斤量差で勝てなかったといえますし、みやこS詰まってる間に外から強襲した3頭で決まってますし。
アナザートゥルースに安定して勝ってるの見ると、重賞制覇のチャンスあるんじゃないでしょうか?

◎アングライフェン ○キングズガード
▲モズアトラクション ☆ヴェンジェンス
△ビルジキール、スマハマ
ワイド◎から流し

京成杯&日経新春杯回顧

京成杯

クリスタルブラックが鮮やかな差しきり勝ちで、キズナ産駒も重賞初制覇。
新馬もかなり強い競馬でしたが、あれが再現できるとまでは思いませんでした。
確かに中山の内が伸びない差し馬台頭馬場が向いたのもあるのですけど、
それを抜きにしても素晴らしいパフォーマンスだと思います。
仮に皐月賞ぶっつけで出てきたとしても警戒は必要じゃないでしょうか。
2017年とか2019年のような馬場だと厳しいでしょうね。

スカイグルーヴに関しては外枠から中山向きの競馬はできたと思います。
強いと思うところはあるものの、これを押し切れないのをどう見るかですね。
個人的にアドマイヤセプターが母親というのは気性面がネックになる可能性があるので、
オークス出てきて人気になったとしても、ハーツクライ産駒の方を買いたいというのが現時点での個人的な見解です。

ヒュッゲはきつい展開になったのもありますけど、輸送失敗でしょうね。
ビターエンダーは未勝利に続いてまたまっすぐ走れてませんし、
負けた馬の中では伸びしろがありそうだなと思いました。東京の方がいまはいいのかもしれません。

日経新春杯

モズベッロが快勝。3勝クラス負けで52キロだったのも大きいのでしょうけど、
京都の2400がよっぽど合うんでしょうね。
一線級相手となるとまだ壁がある感じですが、距離を3000まで伸ばすとどうかという点は見てみたいかと。
レッドレオンは2400だと長いかと思いましたが、きっちりこなしました。
つまりかけたロスを見ると、北村友一は乗れてないなと思います。
負けた馬の中ではタイセイトレイルは想像していたより後ろの位置取りで、
もっと前につけれれば差は詰まってたと思う消化不良の印象です。
レッドジェニアルとかメロディーレーンは完全に京都の馬場で追い込めというのが不可能な状況なのが痛かったのですけど、
レッドジェニアルはロジャーバローズに勝ったのが過大評価されすぎの印象を持ちます。
神戸新聞杯もだらしなかったですし。
アフリカンゴールドは大外枠から乗るならこれしかないという乗り方で、これは馬券に絡むという手応えから全く走らず。
この時期の京都の時計のかかる馬場が合わないんでしょうかね?

土曜中山5R3歳未勝利は出走馬の父を並べると、ステイゴールド孫が半数占めてたり興味深い

日曜も雨が不利そうな気配ではありますが、こういう冬場の中山の中長距離はステイゴールドを狙うのが鉄則。
先週土曜の菜の花賞は丹内→松岡という超絶鞍上強化もあってスリリングドリームからワイド2点で、
80倍以上ついてた勝ち馬のアールクインダム買ってたのに、4着でかなりショックでした。

それはさておき同じ観点で土曜の出馬表見てたら、中山5Rの3歳未勝利は興味深いなと。
race.netkeiba.com
オルフェーヴル5頭、フェノーメノ2頭、ゴールドシップ1頭の合計8頭で半数以上を占めてます。
さらに出走馬の父親を見ていくと他に出てるのは、
エイシンフラッシュロードカナロアワールドエーススピルバーグエピファネイアキズナ
見事に父親が2010年~2013年世代で全て埋まっています。
ステイゴールドの孫で固まってるのも珍しいのですが(条件的に被るのはわかる)、
ここまで近い世代の種牡馬で固まってるのもまた珍しい印象をもちました。
まぁ、マイネル・コスモ・ウイン軍団は今後もゴールドシップフェノーメノ多いでしょうから、
それ考えるともっと比率の高いレースが近いうちにあるかもしれません。

第67回日経新春杯予想

1-1 メロディーレーン(牝4、岩田望来・森田直行)
2-2 レッドジェニアル(牡4、武豊高橋義忠)
3-3 マスターコード(牡6、幸英明吉村圭司)
3-4 レッドレオン(牡5、北村友一角居勝彦)
4-5 チェスナットコート(牡6、藤岡康太矢作芳人)
4-6 モズベッロ(牡4、池添謙一・森田直行)
5-7 タイセイトレイル(牡5、川田将雅矢作芳人)
5-8 エーティーラッセン(牡6、藤懸貴志・木原一良)
6-9 ロードヴァンドール(牡7、太宰啓介昆貢)
6-10 サイモンラムセス(牡10、小牧太梅田智之)
7-11 サトノガーネット(牝5、坂井瑠星・矢作芳人)
7-12 スズカディープ(セ8、岩崎翼橋田満)
8-13 アフリカンゴールド(セ5、福永祐一西園正都)
8-14 プリンスオブペスカ(牡6、藤井勘一郎・松永昌博)

アフリカンゴールドが1番人気になるかと思ったら、単勝意外とつくんですよね。
去年の菊花賞レベルが高いと思えないので、今年は5歳馬優勢だと考えます。

◎アフリカンゴールド ○タイセイトレイル
▲エーティーラッセン ☆プリンスオブペスカ
△ロードヴァンドール、モズベッロ、レッドジェニアル、マスターコード、メロディレーン
3連複◎〇2頭軸流し

第60回京成杯予想

1-1 クリスタルブラック(牡3、吉田豊・高橋文雅)
2-2 リメンバーメモリー(牡3、大野拓弥佐々木晶三)
3-3 チュウワジョーダン(牡3、丸山元気・林徹)
4-4 ロールオブサンダー(牡3、松山弘平橋口慎介)
5-5 キングオブドラゴン(牡3、田辺裕信矢作芳人)
5-6 ゼノヴァース(牡3、O.マーフィー・藤沢和雄)
6-7 ディアスティマ(牡3、A.シュタルケ高野友和)
6-8 ヒュッゲ(牡3、和田竜二友道康夫)
7-9 キムケンドリーム(牝3、石橋脩西村真幸)
7-10 ビターエンダー(牡3、津村明秀相沢郁)
8-11 ヴィアメント(牡3、M.デムーロ鹿戸雄一)
8-12 スカイグルーヴ(牝3、C.ルメール・木村哲也)

ここに牝馬のスカイグルーヴが出てきて困るなと言う感じなんですけど、
父親含めての気性に母親の気性が加わった状態で、この大外枠どうなのか?と思うんですね。
だったら関西馬のヒュッゲでいいんじゃね?となるんですけど、この2頭負かすとすればビターエンダーかなと。
デビュー戦は出遅れて2戦目あっさりのレースはかなり強かったですからね。
6番人気ぐらいだろと思ってたんですが、さっき見たとき単勝10倍切ってたりしてるんですけど、
ここでも好勝負できるポテンシャルある馬だと思います。

◎ビターエンダー ○ヒュッゲ
▲スカイグルーヴ ☆キングオブドラゴン
△キムケンドリーム、ゼノヴァース
馬連◎から流し