競馬好きな社会人の日記

競馬好きな社会人の日常をつづった日記です。

【スポンサーリンク】

WIN5(2/18)

京都10R 斑鳩S セオ、アイスグリーン
東京10R コパノリッキーC マイネルモーント
小倉11R 小倉大賞典 ダンディズム、クリノプレミアム
京都11R 大和S ベルダーイメル
東京11R フェブラリーS スピーディーキック

小倉大賞典難しいので本命対抗の2頭にして、東京10Rはマイネルモーント1頭にするかという感じですね。
斑鳩Sはこの2頭だと思うのですが。
大和Sは60キロは引っかかりますが、久々に地元で走れるベルダーイメルで。

第41回フェブラリーS予想

1-1 イグナイター(牡6、西村淳也・新子雅司)
1-2 シャンパンカラー(牡4、内田博幸田中剛)
2-3 ミックファイア(牡4、矢野貴之・渡辺和雄)
2-4 ドゥラエレーデ(牡4、B.ムルザバエフ・池添学)
3-5 オメガギネス(牡4、C.ルメール・大和田成)
3-6 カラテ(牡8、菅原明良・辻野泰之)
4-7 ガイアフォース(牡5、長岡禎仁・杉山晴紀)
4-8 セキフウ(牡5、武豊武幸四郎)
5-9 ペプチドナイル(牡6、藤岡佑介武英智)
5-10 タガノビューティー(牡7、石橋脩西園正都)
6-11 キングズソード(牡5、岩田望来・寺島良)
6-12 スピーディキック(牝5、御神本訓史・藤原智行)
7-13 レッドルゼル(牡8、北村友一安田隆行)
7-14 ウィルソンテソーロ(牡5、松山弘平・小手川準)
8-15 ドンフランキー(牡5、池添謙一・斉藤崇史)
8-16 アルファマム(牝5、R.キング・佐々木晶三)

今年は去年よりもさらに東京マイル?という馬が多くて、とくに1400向きの馬と1800向きの馬が揃った感じがするんですよね。
じゃあマイルの馬買うかという感じなんですけど、スピーディーキックがまさかミックファイアより人気ないとは思いませんでした。
去年は3連複の2列目で買ったんですが今年は本命です。
負けても掲示板には載っていて、且つレディスクラシック狙いで1800使ってたんですが、本質はマイラー
フェブラリーSかしわ記念は消化不良の競馬してるんですよね。
御神本が上手く乗れてなかったりしている上に、いまの大井よりも東京の砂の方がいいまであるかと。
問題は去年詰まったのも外枠から内付こうとしてのものなので、それが再現しなければ通用するかと。
去年より調子よさそうですし。

個人的には流れるとみて差し馬を買いますが、前に行く馬からは2頭選びたい。
というわけで対抗ドゥラエレーデ。これは前が残る競馬なら間違いなく馬券圏内ですが、
セントライト記念みたいになると差し馬ワンツースリーになってる思います。
とにかく競ったら強いので、その形にムルザバエフが持ち込めば勝ちまであるでしょう。
あとはオメガギネスは評価下げるわけには行かないですし、前走かかったのは心配してません。
むしろ思ったより後ろになるという可能性がありそうな気がする点がちょっと引っかかってます。

あと前に行く組で買うならイグナイターだと思うんですよね。
南部杯でカフェファラオと差のない競馬を2年続けてしてるということは、東京マイル合うんじゃなかろうかと。
ドゥラエレーデなりドンフランキーの逃げた馬の後ろに入れれば・・という気がするんですよね。
もちろん1枠1番最悪なんですが。

ベテランのG1実績馬来るのであとはレッドルゼルとタガノビューティーは展開待ちですが拾っておきます。
あと穴ですが個人的東京マイルではまればのムラ馬セキフウとペプチドナイル。
とくにペプチドナイルはマイルが向く可能性あると思いますし、東海Sの京都1800とは条件違うと思います。

◎スピーディーキック ○ドゥラエレーデ
▲オメガギネス ☆イグナイター
△レッドルゼル、ペプチドナイル、タガノビューティー
ウィルソンテソーロ、セキフウ、ガイアフォース、
キングスソード、ミックファイア
馬連◎○▲☆BOX、3連複◎○▲☆13BOX、ワイド◎☆9,13BOXと◎から流し

第58回小倉大賞典予想

1-1 ディープモンスター(牡6、浜中俊池江泰寿)
1-2 カテドラル(牡8、斎藤新・池添学)
2-3 ダンディズム(セ8、富田暁・野中賢二)
2-4 アサマノイタズラ(牡6、嶋田純次・手塚貴久)
3-5 クリノプレミアム(牝7、勝浦正樹伊藤伸一)
3-6 アドマイヤビルゴ(牡7、荻野極・友道康夫)
4-7 アルナシーム(牡5、鮫島克駿橋口慎介)
4-8 フェーングロッテン(セ5、幸英明宮本博)
5-9 セルバーグ(牡5、今村聖奈・鈴木孝志)
5-10 マイネルファンロン(牡9、丸山元気手塚貴久)
6-11 ロングラン(セ6、丹内祐次・和田勇介)
6-12 エピファニー(牡5、杉原誠人・宮田敬介)
7-13 イクスプロージョン(牡6、亀田温心・杉山晴紀)
7-14 ゴールドエクリプス(牝5、角田大河・大久保龍志)
8-15 ホウオウアマゾン(牡6、佐々木大輔矢作芳人)
8-16 シフルマン(牡8、角田大和・中尾秀正)

ここは8歳で本格化してる可能性のあるダンディズムは軸として最適かと。
あとは乗り変わりがやや気になりますが、中山金杯見てたら距離短縮平坦変わりのクリノプレミアム頭まであるかと。

◎ダンディズム ○クリノプレミアム
▲ロングラン ☆カテドラル
△アルナシーム、ホウオウアマゾン、シフルマン、
イクスプロージョン、マイネルファンロン
馬連◎○、ワイド◎○▲☆BOXと◎から△

京都記念、共同通信杯、京都牝馬S、ダイヤモンドS回顧

京都記念

プラダリアが重賞3勝目。
調教がどうかなと思ったんですが、中距離のG2では安定しています。
2500だと微妙にパフォーマンスが落ちてる印象があるので、2200ぐらいがベストなのかもしれません。
ベラジオオペラはやはり2000がベストかなぁという印象を持つ結果ですが、
賞金を詰めたのは大阪杯とか選択肢に入れるなら悪くないでしょう。
バビットは逃げずに3着に粘ったのは復調気配かと。
オールカマー4着のときはウインキートスと僅差で、デアリングタクトやヴェルトライゼンデに先着だったわけで、
いまは1800とかより2000とか2200がベストなんじゃないかという気がします。
あと他ではラヴェルは左回りだけかなと思いましたが思ったより走ってて、これは復調気配かと。
マテンロウレオは前にいってかかり気味だった分伸びなかったかなと。
ルージュエヴァイユは輸送してプラスだった分動けけなかったように見えました。

共同通信杯

ジャスティンミラノが連勝で勝利。
新馬で買ったときと同じことを再現しましたね。
友道厩舎ですしこの勝ち方ならダービーでもという気がします。
ただ、皐月賞は判断難しいですね。2走とも流れてないだけに、これで勝ちきるようならダービーは見えてくるでしょう。
ジャンタルマンタルは悪くない結果ですが、今回は同斤でこれなのと、
この競馬だと2000が上限かなぁという感じがする結果とも言えそうです。
東京マイルでもキレ負けリスクがありそうな気がしますし。
人気の一角だったエコロヴァルツ、ベラジオボンド、ミスタージーティーは若さ見せてスローでかかってダメだったなと。
近年シャフリヤールとかタスティエーラみたいにここ負けた後使ってダービー取ってるだけに、
混戦の今年これでクラシック路線終わりという感じではないと思いますね。
ただ、エコロヴァルツはやはり気性面が課題ですし、ミスタージーティーは1800が短いかなと言う印象です。

京都牝馬S

ソーダズリングが重賞初制覇。
1400の早いタイムにも対応してきましたし、これならばヴィクトリアマイルで楽しみがあるなというところを見せたかと。
レースはスムースでしたし、完璧だったと思います。
ナムラクレアは1400の分ためたのもあるかもしれませんが、斤量差考えればよく走ってます。
この馬はちょっと仕上げも本番見据えてだったと思うので、とにかく本番で1着となるといろいろな条件がかみ合えばという形になるかと思います。
コムストックロードは去年1400のオープンで0.6差とかありますし、
直近1200で4連敗ですが、前走も0.4差なわけで、ムルザバエフともかみ合ったんでしょうね。
惜しかったのはロータスランドで岩田と同じ競馬を松山がしてくれてこれで負けたら通ったところの差でしかたないかと。
あとメイケイエールはゲートからガタガタして出遅れて暴走しました。
ただ、0.6差しか負けてないのを見ると、左回り距離短縮で好転しそうですが、大外枠で暴走リスクは残るので判断が難しいですね。

ダイヤモンドS

テーオーロイヤルが貫禄勝ち。
アルゼンチン共和国杯叩いて前走で復調気配を見せてましたからこれくらいは走れると言うことでしょう。
どういうメンバーになるかわかりませんが、天皇賞春でもディープボンドより前にいる可能性がある1頭とはいえるでしょう。
2着のサリエラはいまの府中考えたらこの競馬と思いますが、最後は牝馬の分と自力の差という気がします。
ワープスピードはチャックネイトやメイショウブレゲと僅差で勝負してただけあって重賞でもやれるところを示しました。
長距離の重賞では出番があるでしょう。
にしてもヒュミドールせっかくの内枠なのに逃げるとは・・何考えてたのかよくわかりません。

第59回京都牝馬ステークス予想

1-1 ムーンプローブ(牝4、A.ルメートル上村洋行)
1-2 アルーリングウェイ(牝5、M.デムーロ藤岡健一)
2-3 ドロップオブライト(牝5、小沢大仁・松永昌博)
2-4 テンハッピーローズ(牝6、津村明秀・高柳大輔)
3-5 ウインシャーロット(牝6、石川裕紀人和田正一郎)
3-6 シングザットソング(牝4、鮫島克駿高野友和)
4-7 スリーパーダ(牝5、岩田望来・斉藤崇史)
4-8 スマートリアン(牝7、角田大河・石橋守)
5-9 コムストックロード(牝5、B.ムルザバエフ・中野栄治)
5-10 プレサージュリフト(牝5、R.キングスコート・木村哲也)
6-11 モズゴールドバレル(牝5、団野大成・藤岡健一)
6-12 ナムラクレア(牝5、浜中俊長谷川浩大)
7-13 メイケイエール(牝6、池添謙一武英智)
7-14 ジューンオレンジ(牝4、和田竜二長谷川浩大)
7-15 ソーダズリング(牝4、武豊音無秀孝)
8-16 モズメイメイ(牝4、田口貫太・音無秀孝)
8-17 ボンボヤージ(牝7、川須栄彦梅田智之)
8-18 ロータスランド(牝7、松山弘平・辻野泰之)

また大外枠のロータスランドなんですが、スワンS阪神カップも0.2差なのに55キロなんですね。
これなら頭まであると思いますが。

ロータスランド ○ナムラクレア
▲ドロップオブライト ☆ソーダズリング
△モズゴールドバレル、スマートリアン、ウインシャーロット、
テンハッピーローズ、アルーリングウェイ、プレサージュリフト
馬連◎○、ワイド◎から流し

第74回ダイヤモンドS予想

1-1 ワンダフルタウン(牡6、戸崎圭太高橋義忠)
2-2 ヒュミドール(セ8、石橋脩・小手川準)
3-3 トロピカルライト(牝4、丸田恭介宗像義忠)
4-4 メイショウユズルハ(牡5、松岡正海岡田稲男)
5-5 ワープスピード(牡5、菅原明良・高木登)
6-6 ニシノレヴナント(セ4、大野拓弥上原博之)
7-7 ハーツイストワール(牡8、田辺裕信国枝栄)
7-8 サリエラ(牝5、C.ルメール国枝栄)
8-9 テーオーロイヤル(牡6、菱田裕二岡田稲男)
8-10 グランスラムアスク(牝5、R.キング・矢作芳人)

10頭立てでまぁ人気馬揃って飛ぶことはないだろという感じで、
去年と斤量変わらないならもう1回ヒュミドール買っていいかと。

ヒュミドール ○テーオーロイヤル
▲ニシノレヴナント ☆ワープスピード △ワンダフルタウン
複勝◎、ワイド◎から流し

WIN5(2/11)

京都10R 北山S マイネルクロンヌ、ミラクルティアラ
東京10R バレンタインS ペースセッティング、ハチメンロッピ
小倉11R 北九州短距離S ゾンニッヒ
京都11R 京都記念 マテンロウレオ
東京11R 共同通信杯 ベラジオボンド

京都10Rは前走騎乗が酷かったマイネルクロンヌ。
外枠が欲しかったのですが、国分恭なら途中から押し上げての競馬やってくれるかなと。
バレンタインSはペースセッティング意味不明に負ける時もありそうなのが怖いのですが・・
北九州短距離Sはタマモブラックタイも気になりますが、ゾンニッヒで。