競馬好きな社会人の日記

競馬好きな社会人の日常をつづった日記です。

【スポンサーリンク】

第56回スプリンターズS予想

1-1 テイエムスパーダ(牝3、国分恭介五十嵐忠男)
1-2 ジャンダルム(牡7、荻野極・池江泰寿)
2-3 メイショウミモザ(牝5、丹内祐次池添兼雄)
2-4 ダイアトニック(牡7、岩田康誠安田隆行)
3-5 エイティーンガール(牝6、秋山真一郎飯田祐史)
3-6 ナランフレグ(牡6、丸田恭介宗像義忠)
4-7 ウインマーベル(牡3、松山弘平・深山雅史)
4-8 ファストフォース(牡6、団野大成・西村真幸)
5-9 ナムラクレア(牝3、浜中俊長谷川浩大)
5-10 タイセイビジョン(牡5、福永祐一西村真幸)
6-11 トゥラヴェスーラ(牡7、鮫島克駿・高橋康之)
6-12 ヴェントヴォーチェ(牡5、西村淳也・牧浦充徳)
7-13 メイケイエール(牝4、池添謙一武英智)
7-14 ラヴィングアンサー(牡8、菱田裕二・石坂公一)
8-15 シュネルマイスター(牡4、横山武史・手塚貴久)
8-16 マリアズハート(牝6、菊沢一樹菊沢隆徳)

休日出勤で馬場傾向など全くわかりませんが簡易的に。
ここはトゥラヴェスーラ美味しいと思うんですよね。
高松宮記念鼻出血がなければ・・という内容でしたし、このレース割と1400とかで走れる方が来るので、
この馬ぴったりだと思うんですよね。
しかも結構後ろからの馬がいる中、この馬は現実的な位置取れますし。
穴は高速馬場ならファストフォースが面白いともいます。

◎トゥラヴェスーラ ○ナムラクレア
▲メイケイエール ☆ナランフレグ
△ウインマーベル、タイセイビジョン、ヴェントヴォーチェ、
シュネルマイスター、ファストフォース、ダイアトニック、ジャンダルム

馬連◎から○▲☆7,10,12,15、ワイド◎から流し、3連複◎○、◎▲2頭軸流し

第26回シリウスS予想

1-1 デルマルーヴル(牡6、三浦皇成戸田博文)
1-2 ハヤブサナンデクン(牡6、吉田隼人吉村圭司)
2-3 オーヴェルニュ(牡6、団野大成・西村真幸)
2-4 クリノフラッシュ(牝7、池添謙一橋田満)
3-5 サンライズホープ(牡5、幸英明羽月友彦)
3-6 クリノドラゴン(牡4、藤岡康太大橋勇樹)
4-7 エブリワンブラック(牡5、秋山真一郎武幸四郎)
4-8 ハピ(牡3、横山典弘大久保龍志)
5-9 ジュンライトボルト(牡5、石川裕紀人友道康夫)
5-10 エイコーン(牡7、高倉稜吉田直弘)
6-11 サクラアリュール(牡7、岩田望来・村山明)
6-12 バーデンヴァイラー(牡4、福永祐一・斉藤崇史)
7-13 ホウオウルバン(牡4、岩田康誠池上昌和)
7-14 ハセドン(牡3、鮫島克駿・安田翔伍)
8-15 アルドーレ(牡7、和田竜二西村真幸)
8-16 レーヌブランシュ(牝5、松山弘平橋口慎介)

明日休日出勤になってぶち切れそうなんですが・・しかもその原因を昨日の夜中に作るアホがいますし。
ここはアルドーレ中京1900だからこそ狙える馬だと思うんですよね。

◎アルドーレ ○バーデンヴァイラー
▲ハセドン △ハピ
△オーヴェルニュ、ハヤブサナンデクン、クリノフラッシュ、
サンライズホープ、ジュンライトボルト
ワイド◎から流し

WIN5(9/25)

中山9R 木更津特別 ロールアップ、ジャッカル
中京10R 桶狭間S ゴダイリキ、レディオマジック
中山10R 内房S オンザライン
中京11R 神戸新聞杯 ボルドグフーシュ
中山11R オールカマー ソーヴァリアント

中山9Rはこの2頭で仕方ないかと思うのですが(この2頭も怪しいが他が更にあやしい)、
問題は中京と中山の準メインですね。
難しいのですが、中山はオンザラインかなと。
中京の方は結構難しいのですが、強調したいのはレディオマジック。
前走1200でドン詰まってなければかなり迫れたと思います。
1200で追走が怪しいのでいまなら1400だといいかもしれません。

第68回オールカマー予想

1-1 ロバートソンキー(牡5、伊藤工真・林徹)
2-2 ジェラルディーナ(牝4、横山武史・斉藤崇史)
3-3 ウインキートス(牝5、松岡正海宗像義忠)
4-4 ソーヴァリアント(牡4、川田将雅大竹正博)
4-5 ヴェルトライゼンデ(牡5、戸崎圭太池江泰寿)
5-6 クリスタルブラック(牡5、吉田豊・高橋文雅)
5-7 アドマイヤアルバ(セ7、原田和真・堀内岳志)
6-8 デアリングタクト(牝5、松山弘平・杉山晴紀)
6-9 クレッシェンドラヴ(牡8、内田博幸・林徹)
7-10 テーオーロイヤル(牡4、菱田裕二岡田稲男)
7-11 キングオブドラゴン(牡5、三浦皇成矢作芳人)
8-12 フライライクバード(牡5、福永祐一友道康夫)
8-13 バビット(牡5、横山典弘・浜田多実雄)

去年もメンバー揃ってたと思うのですが、今年も結構揃いました。
割と間隔を空けるローテが主流になったのとエリザベス女王杯と同距離ですから、京都大賞典よりこちらにメンバーが集まるようになりつつあります。
で、去年同様スローになる確率が高い2200とか2500だと去年同様ウインキートス本命でいいかと思ったのですが、
調教入りごねてたらしいし、休みあけのゴールドシップ産駒は怪しいところがあるので対抗。
ヴェルトライゼンデも考えたのですが、ある程度位置取れるとはいえもっと前目から押し切れる馬がいいと考えてソーヴァリアント本命で。
まぁ、去年のセントライト記念は強い競馬してるけどタイム的には微妙なのですけど、
チャレンジカップでぶっちぎった相手とか見ると少なくともG2は勝てる水準にあるかと。追い切り見る限り動ける状態にあると思うので。

◎ソーヴァリアント ○ウインキートス
▲ヴェルトライゼンデ ☆テーオーロイヤル
△デアリングタクト、ロバートソンキー、バビット
馬連◎○▲BOX、ワイド○から◎▲☆△

第70回神戸新聞杯予想

1-1 リカンカブール(牡3、藤岡康太田中克典)
1-2 ボルドグフーシュ(牡3、吉田隼人宮本博)
2-3 ミスターホワイト(牡3、松若風馬矢作芳人)
2-4 コントゥラット(牡3、北村友一・吉岡辰弥)
3-5 ヴェローナシチー(牡3、団野大成・佐々木晶三)
3-6 ヤマニンゼスト(牡3、武豊千田輝彦)
4-7 ジャスティンパレス(牡3、鮫島克駿・杉山晴紀)
4-8 メイショウラナキラ(牡3、秋山真一郎南井克巳)
5-9 サトノヘリオス(牡3、浜中俊友道康夫)
5-10 レヴァンジル(牡3、M.デムーロ堀宣行)
6-11 パラレルヴィジョン(牡3、C.ルメール国枝栄)
6-12 ジュンブロッサム(牡3、坂井瑠星・友道康夫)
7-13 ビーアストニッシド(牡3、岩田康誠飯田雄三)
7-14 プラダリア(牡3、池添謙一池添学)
8-15 アイキャンドウイッ(牡3、和田竜二池江泰寿)
8-16 アスクワイルドモア(牡3、岩田望来・藤原英昭)
8-17 サンセットクラウド(牡3、幸英明矢作芳人)

今日の中京メインショウナンバニラ絡みのワイド当てたんですが、この馬も差し馬ながら1000直使ってたから前目に行けたのがあります。
で、後方から届く馬場なのかというとまさかの良馬場だった今日より前のこりの可能性がありそうです。
ただ、逃げ切りが頻発する2000と違って中京2200って差しが結構決まる印象。
それを考えると隼人に乗り変わりならある程度位置取りも考えるかと言うことでボルドグフーシュ本命。
ポテンシャルは間違いなく、距離はあった方がいい。
京都新聞杯のタイムは評価していいと思うので、ここは本命で。
相手は本命迷ったけど叩きの香りがしたヴェローナシチー。

◎ボルドグフーシュ ○ヴェローナシチー
プラダリア ☆アスクワイルドモア
△サトノヘリオスジャスティンパレス、リカンカブール
馬連◎○▲BOXとワイド◎○、◎と○から☆△

ローズS、セントライト記念回顧

ローズS

アートハウスが貫禄勝ち。
中京の馬場と天気が全く読めずに困ったものですが、ローズSが2000開催だった時の結果見ると、
1分58秒台だったのはアドマイヤキッスの年だけでこのタイム出せたのは素直に評価していいと思うんですよね。
もちろん紫苑Sと違って重賞勝ち馬いないというメンバーでしたが、この馬はオークスも2000くらいまでは勝つんじゃないかという感じでしたから、
阪神2000だと脚質含めて最有力じゃないかと思います。飛んだら厩舎特製じゃなかろうかと。
2着サリエラはここまでやれるとはというのが正直なところです。
使った脚は1勝クラス同様素晴らしく、先々重賞勝てる馬と思います。
ただ、体質が弱い兄姉もいることから果たして秋華賞出てくるのか?というのはあるかもしれません。
エグランタインは内からロスの少ない競馬。
ある程度自在性はありますから、内目の枠引けば阪神2000でも楽しみはあるかと思います。
ラリュエルに関しては最後止まったのみると良さがでるのはローカルとか1800の方がいいという印象でした。
モリーレゾンは自信があったのですが、タイム的に1秒早かったかなと。
少し渋ってくれたら差は詰めれたと思います。
1200から距離を伸ばしてきただけに、先着を許した馬たちには距離経験の差も出たかなと思います。
セントカメリアはテンション高かったですし、調教明らかに暴走して失敗してました。
そりゃゲートでませんし、スタート前に終わってたと思います。

セントライト記念

中山もよくわからない天候でしたが思ったより雨降らず。
ただ、稍重で2分11秒台は優秀と思いますね。
皇族も千切ってますし、ガイアフォースとアスクビクターモアが菊花賞1,2番人気になるかなという感じです。
勝ったガイアフォースはサクラバクシンオークロフネが血統に入っていて、小倉の高速馬場で勝ってるので中距離馬かもと思ってましたが、
このタイムで外回ってねじ伏せたのですから、母系にダンスインザダーク入ってるの含めて菊花賞でもやれそうです。
2着アスクビクターモアは休み明けの叩き台で、正攻法で強い2着なら悪くはないと思います。
ただし、菊花賞でも人気になっても他の馬の目標になるのは今回と変わらないでしょうし、
去年タイトルホルダーが勝ったとはいえ関東馬の初輸送は怖さもあるんですよね。
加えて田辺がダービーのように乗らずにため逃げするとあまりいいことはない印象ですし。
3着ローシャムパークはポテンシャルあるところは見せましたが、上位2頭との差を見ると春の既存勢力とは力差があるかなという印象です。
4着セイウンハーデスは距離も長いのでしょうが、ちょっとレース中に物見をしたりと競馬に集中ができていないと調教師は言ってるらしいので、
その辺が改善してくるとよくなりそうな印象です。
ラーグルフはここまで離されると1,2着馬とは差があったかなと。あと2200はベストじゃなく2000とか1800あたりがベストかもしれません。
結果的にオニャンコポンとかラーグルフとかボーンディスウェイがホープフルSの頃から同じような着差に収まってるのを見ますとこの組の春の既存勢力は
余り力差が変わってないように思えました。