競馬好きな社会人の日記

競馬好きな社会人の日常をつづった日記です。

有馬記念予想

【スポンサーリンク】

1-1 オジュウチョウサン(牡7、武豊和田正一郎)
1-2 クリンチャー(牡4、福永祐一宮本博)
2-3 モズカッチャン(牝4、M.デムーロ鮫島一歩)
2-4 マカヒキ(牡5、岩田康誠友道康夫)
3-5 パフォーマプロミス(牡6、C.デムーロ藤原英昭)
3-6 サトノダイヤモンド(牡5、B.アヴドゥラ・池江泰寿)
4-7 サウンズオブアース(牡7、藤岡佑介藤岡健一)
4-8 ブラストワンピース(牡3、池添謙一大竹正博)
5-9 リッジマン(牡5、蛯名正義庄野靖志)
5-10 ミッキースワロー(牡4、横山典弘菊沢隆徳)
6-11 ミッキーロケット(牡5、O.マーフィー・音無秀孝)
6-12 レイデオロ(牡4、C.ルメール藤沢和雄)
7-13 スマートレイアー(牝8、戸崎圭太大久保龍志)
7-14 キセキ(牡4、川田将雅中竹和也)
8-15 シュヴァルグラン(牡6、H.ボウマン・友道康夫)
8-16 サクラアンプルール(牡7、田辺裕信・金成貴史)


京都大賞典から秋のG1 3連戦すべて連帯したのは、
テイエムオペラオーゼンノロブロイだけだと思うのですが、
毎日王冠から秋のG13連戦すべて馬券圏内というと1988年のオグリキャップぐらいじゃないでしょうか?
で今年の場合キセキがすべて好タイムで有馬記念に出てきました。
どうも3年前のラブリーデイと被って仕方ない上に、外枠。
さらに展開の鍵を一番握っているだけに予想しづらいんですよね。
勝つなら肉を切らせて骨を断つ的な乗り方だと思うんですが、この枠でどうしますかね。
さらに時計が例年より早いんですよね。
去年のキタサンに勝ってください的な馬場ではなくある程度差しが届きますし。
後述しますが2分33秒台なら馬券圏内あると考える馬が数頭いるので、
一応重い印の馬は2400で時計を持ってる馬を評価しました。


レイデオロ本命でいこうかと思ったのですが、
たしかにオールカマーを勝ってるとはいえこの枠で外から押し上げていく形になったときに、
キセキの逃げのペース次第では取りこぼす確率は結構あるかと思うんですよね。
もちろんこの中で一番馬券圏内に来る確率は高いかと思いますが、
今回は対抗にしたいと思います。


レイデオロ以外に本命を考えた馬が3頭居るわけですが、
枠順がでてこれはモズカッチャンしかないということになりました。
この馬内をついて伸びてくる馬なので中山がぴったりかと。
あと、個人的な意見として日経賞好走馬以外を見ていくと、
意外とオールカマーだけでなくの京都や阪神の2200好走馬が来てること多い気がするんですよね。
昔から宝塚と有馬は連動性がありましたが注目したいのは京都2200。
去年のクイーンズリングは馬場が極端だったとはいえそうですし、
大外枠からマリアライトが4着に来て翌年宝塚勝ちました。
リスグラシュー、ディアドラあたりが牡馬相手と互角以上にやれてるのを見ますと、
この馬も牡馬相手にやれるポテンシャルあると考えます。
まぁ、出遅れリスクがあるので来ない組み合わせも買いますが。


単穴はミッキーロケット。この馬もさらに内枠なら本命を考えてました。
和田だったら本命だったかもしれませんが、
マーフィーは先週のフロンテアクイーンでアホみたいに先行したの見るとちょっと怖さがあるんですよね。
馬は本格化していて天皇賞春から明らかに馬が変わってきているのは明らかなのですが、
先行しまくって早めに仕掛けてそれが吉と出るか凶と出るかはちょっとわからないというのが正直なところ。
あとシュヴァルグランは前走見る限り衰えてませんし、
枠最悪ですがある程度の位置はとれるんじゃないかと。
ただ、コーナリングは上手くないのでそこが問題なのですが。
多分、ジャパンカップよりもいまの方が調子よいと思うんですよね。


さて、ここからは人気のない馬で個人的に紐穴で狙いたい馬をピックアップします。
確率的には低いと考えますが、まくり合戦になったときに最後しれっと突っ込んでくる可能性が、
ミッキースワローにはあると考えます。中山重賞勝ってますし。
ただ、年明けてAJC杯と最後たれた大阪杯は残念な感じがしたんですよねぇ。
内からするするできる騎手ですが馬のタイプを見ると大外ぶん回しかなと。


あと上述した時計持ってないので2分33秒台ならの条件付きで紐に加えるのが3頭。
まずクリンチャー。これは枠最高ですし個人的にはやや早めに仕掛けてというのを期待したい。
ただし、それをするようなタイプの騎手ではないので押さえまでなんですね。
パフォーマプロミスは斤量57キロが気になるところですが、
着実に力はつけてきていますし、内目である程度追走できる点は好感が持てます。
宝塚の負けが説明しづらいのですが、
この馬のここ最近の戦績を見てると2400や2500の方が向いてるという可能性はあるかなと。
使い詰め手なくフレッシュな状態での参戦且つ勢いがあるパターンは結構来るようになってきますので
消すという手はないかなと。
最後はリッジマン。こういう血統的に意味不明な馬(まぁ、母系は走れないこともないとは思うが)買ってみるかなと。
この馬かなり強くなってますし、追走ができるようになってきてるんですよね。
ステイヤーズS組が来ないのってデスペラードアルバートのように、
10月から使い詰めの馬が有馬に出てきてるのが多い糸思うんですよね。この馬違うので面白いかなと。


◎モズカッチャン ○レイデオロ
▲ミッキーロケット △シュヴァルグラン
×ブラストワンピース、キセキ、パフォーマプロミス、
リッジマン、クリンチャー、ミッキースワロー
3連複◎○2頭軸流し