競馬好きな社会人の日記

競馬好きな社会人の日常をつづった日記です。

明日の予想

【スポンサーリンク】

菊花賞

1-1 アイトーン(牡3、国分恭介五十嵐忠男)
1-2 グレイル(牡3、岩田康誠野中賢二)
2-3 ブラストワンピース(牡3、池添謙一大竹正博)
2-4 ジェネラーレウーノ(牡3、田辺裕信・矢野英一)
3-5 エポカドーロ(牡3、戸崎圭太藤原英昭)
3-6 メイショウテッコン(牡3、松山弘平高橋義忠)
4-7 ユーキャンスマイル(牡3、武豊友道康夫)
4-8 カフジバンガード(牡3、幸英明松元茂樹)
5-9 エタリオウ(牡3、M.デムーロ友道康夫)
5-10 アフリカンゴールド(牡3、松若風馬西園正都)
6-11 コズミックフォース(牡3、浜中俊国枝栄)
6-12 フィエールマン(牡3、C.ルメール手塚貴久)
7-13 タイムフライヤー(牡3、和田竜二松田国英)
7-14 グロンディオーズ(牡3、J.モレイラ・田村康仁)
7-15 オウケンムーン(牡3、北村宏司国枝栄)
8-16 ステイフーリッシュ(牡3、藤岡佑介矢作芳人)
8-17 シャルドネゴールド(牡3、藤岡康太池江泰寿)
8-18 グローリーヴェイズ(牡3、福永祐一尾関知人)


今年は結構菊花賞でこそと思ってる馬が多いだけに迷うところです。
といっても基本的に青葉賞やダービー、京都新聞杯という春の2200〜2400の重賞でおっと思わせるパフォーマンスをしていることと
京都1800あたりの実績のある穴馬が来るのでそこを拾うのが大事かと。
あとはオルフェーヴルゴールドシップのようなわかりやすい母父だけではなく、
兄姉が1200重賞勝ち馬とか母父サクラバクシンオーでも内枠ならば来るような時代なので、
とくに枠順は重要だと思いますね。


上記の要素とステップレースで1番重視すべき神戸新聞杯の結果を見るとエタリオウ本命でいきたいなと。
まだ1勝しかしてないなのに1番人気になるんじゃなかろうかと思ったら単勝は思ったほど売れてないようです。
ただ、青葉賞の2着見て菊花賞で面白そうとピンとくるものがありましたし、
ダービーと神戸新聞杯の脚はすさまじいものがありました。
しかもこれでまっすぐ走ってないとかありますし。
懸念点はずぶくなってる点なのですが、デムーロが途中から思いっきりまくっていく可能性もあるかなと。
スタミナはある馬のようにわたしは思うんですけどね。


相手筆頭はエポカドーロとメイショウテッコン。
去年のような馬場が悪いのと、ゴールドシップオルフェーヴルで先行勢壊滅という例外を除くと、
基本は内枠且つ前に行く馬が1頭か2頭来るレースだと思うので、
その意味でこの2頭は外せないでしょう。
仮にアイトーンかジェネラーレウーノが行った場合にその後ろで折り合えて、
途中から先頭に立って逃げ込みを計るという競馬できそうなのはこの2頭かなと。
とくにメイショウテッコンは距離持たないと思われがちですが、
神戸新聞杯の最後の粘りと京都新聞杯の似げっぽりを見るとかなり強いと思うんですね。
この馬しかも条件戦からエタリオウやサラキアにも勝ってますし、
京都2400と1800で勝ってるの京都代わりは間違いなく良いでしょう。
あとグレイルは京都2戦2勝で左回りがダメというのは間違いないので、
いつもおかれてるけど距離が伸びれば好転する可能性があるかなと思います。


穴は何頭でもあげたくなるのですが、京都新聞杯は結構レースレベルは高かったかと。
そこで強い勝ち方だったステイフーリッシュと2着からハナ差だったシャルドネゴールドは評価低すぎかと。
あと前にいける馬なのに後ろからになっちゃったグローリーヴェイズ も含めて紐で面白いと思います。


◎エタリオウ ○エポカドーロ
▲メイショウテッコン △グレイル
×ブラストワンピース、ステイフーリッシュ、アフリカンゴールド、
シャルドネゴールド、グローリーヴェイズ、グロンディオーズ 、ジェネラーネウーノ
3連複◎○、◎▲2頭軸流し